おならはなんで出るの?

腸内でできるガスの量は腸内細菌が元気になると増える。イモや豆などに豊富に含まれる食物繊維はほとんど分解されないまま大腸にたどり着くため、腸内細菌のエサの量が増え、活発に働くようになる。ブロッコリーなどの野菜にも食物繊維が多く含まれるので、たくさん食べるとおならがよく出る。

便秘や下痢でおなかの調子が悪いときもおならが増える。便秘のときは大腸内にいつも細菌のエサがたくさんある状態なので、ガスがたまりやすい。下痢のときはおなかの活動が活発になりすぎ、ガスもいっぱい作られるよ。おなかがゴロゴロと音が鳴るのは腸にガスがたまっていることを示しているんだ。

おならを我慢すると健康に悪い。腸の内側には栄養素などを吸収する役割がある。我慢してガスをためすぎると、栄養素のように吸収される。おならの臭い成分が血液に溶け込んで体を巡るため、体臭や口臭、肌荒れの原因になることがある。

我慢しようと思わなくても、おならがたまってしまうこともある。おならは腸が伸びたり縮んだりする「ぜん動運動」という動きで肛門まで運ばれる。体を締め付けるような洋服を着ていると腸が圧迫されて、おならを運べなくなる。長時間座っていたりしても腸が動きづらくなるので、おならがたまる。

適度な運動をして、おなかの動きを活発にすることが大切なんだ。運動ができなくても、おなかのあたりを手で伸ばしたり、大腸をなぞるようにおなかを優しく押したりすることで、おならを出すこともできるよ。

おならの音が違うことは知っていると思うけど、健康状態とは関係ないんだ。肛門から出す量と速さによって音の大きさや高さは変わる。リコーダーを想像してごらん。おなかに力を入れて一気に息を吹くと大きな音が出て、そーっと丁寧に吹くと小さな音になる。しくみはおならも同じだ。肛門の締め具合で高さが変わるよ。ちなみに音と臭いはあまり関係ないんだ。

きちんと運動して水分や食物繊維を十分とれば、いい腸内環境を保てて便秘にもなりづらい。そうすればおならも臭くならないはずだよ。

■細菌100兆個、バランス大事

博士からひとこと 悪玉菌が増えることによる腸内環境の悪化は、おならが臭くなるだけでは済まない。大腸炎や大腸がんなど腸の病気のほか、肥満や糖尿病(とうにょうびょう)などの生活習慣病、ぜんそく、アレルギーなどの原因にもなるといわれる。
人の大腸には100兆個以上の腸内細菌がいる。体によい善玉菌、悪い働きをする悪玉菌、どちらでもない日和見菌に分けられていて、理想的なバランスは2対1対7といわれている。善玉菌は悪玉菌が増えるのを防いだり、腸の運動を促したりするんだ。
高たんぱく・高脂質(こうししつ)の肉や揚げ物を食べ過ぎたり、ストレスで副交感神経の働きが乱れたりすると、悪玉菌が増えて腸内環境が悪化して、病気の引き金になりうる。
善玉菌を増やし、腸内環境を整えるにはバランスのとれた食事を心がけることが大切だ。ビフィズス菌を含むヨーグルトや食物繊維の多い野菜や海藻(かいそう)を積極的に食べるといいだろう。なるべくストレスも減らしたいね。

(小林製薬に取材しました)

[日本経済新聞夕刊2019年4月27日付]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント