トピック

VAN創業者の孫、次世代に向けたアイビー新ブランド おなじみのアイテムに機能性素材を使用

2019/5/9

石津塁氏(中)が監修し、倉石一樹氏(右)がデザインする。左はアートディレクションを手掛けるODDJOBの藤井進午社長

次世代に継承する新しいアイビールックを――。そんな思いを込めたブランド「KENS iVY(ケンズアイビー)」の秋冬物がこのほどお披露目された。監修者はヴァンヂャケット(VAN)創業者、石津謙介氏の孫にあたる石津塁氏。3代目が手掛けるアイビーブランドは、人気スポーツブランドTHE NORTH FACEのグローバルデザイナーを務める倉石一樹氏がデザインを担当するほか、人気番組のアートディレクションを手掛けるODDJOBもキャラクターデザインに加わり、若年層への発信にも力を入れる。




ドンキーコート(右手前)には高機能素材を使うなど現代風に味付けをした

■高機能素材や現代風テイスト

「KENS iVY」は今年の秋冬物から展開し、デザイン会社のファーナ(東京・渋谷)が発売元になる。石津塁氏がクリエーティブディレクターとして監修し、アイビールックの定番服であるドンキーコート(6万4000円)、ブレザー(4万5000円など)、パーカー(1万4800円など)、ボタンダウンシャツ(1万5800円)などをそろえる。いずれも素材やディテールにひねりを効かせて現代風に味付けしたものだ。

クマのキャラクターを使ったTシャツやロゴ入りパーカーなどを充実させた

若年層の関心を呼ぶ新しいアイビールックとして、たとえばドンキーコートでは防水、防湿のハイテク素材を採用する、紺ブレには柔らかい素材を使うなど、各商品に現代風のテイストを盛り込んでいる。Tシャツやパーカーも豊富にそろえたデザイナーの倉石氏は「カフの幅、フックベント(開き止めをカギ型に縫ったジャケットのスリット)、パンツの尾錠といった、アイビーではおなじみのディテールを生かしながらデザインしている」という。

Latest