ゼニス、「エル・プリメロ 」50周年の新作ウオッチ

2019/5/5
EL PRIMERO A386 REVIVAL 18.A386.400/69.C807 ケース:直径38mm、ローズゴールド、100m防水 駆動装置:機械式自動巻、パワーリザーブ50時間以上  税別予価:207万円 2019年8月発売予定 限定50本
EL PRIMERO A386 REVIVAL 18.A386.400/69.C807 ケース:直径38mm、ローズゴールド、100m防水 駆動装置:機械式自動巻、パワーリザーブ50時間以上  税別予価:207万円 2019年8月発売予定 限定50本

スイスの高級時計ブランド「ゼニス」の新作ウオッチ「エル・プリメロ A386 リバイバル」は、世界で初めて10分の1秒の計測を可能にした自動巻きクロノグラフ(ストップウオッチ機能)駆動装置(ムーブメント)「エル・プリメロ」の50周年記念モデル。

EL PRIMERO A386 REVIVAL 65.A386.400/69.C815 ケース:直径38mm、ホワイトゴールド、100m防水 駆動装置:機械式自動巻、パワーリザーブ50時間以上  税別予価:207万円 2019年7月発売予定 限定50本

1969年のエル・プリメロの特徴を忠実に再現。直径38ミリメートルのケース、ドーム型風防をはじめ、目盛や針、ラグ(ケースとベルトの接合部分)などもオリジナルと同じだという。ケースはホワイトゴールド、ローズゴールド、イエローゴールドの3モデルを用意する。それぞれ50本限定、50年保証。

DEFY INVENTOR 95.9001.9100/78.R584 ケース:直径44mm、チタン、10気圧防水 駆動装置:機械式自動巻、パワーリザーブ50時間以上 税別予価:204万円 2019年10月発売予定

「デファイ インベンター」は2017年に発表した超高精度な新型オシレーター(発振器)を量産化して搭載した。従来のテンプ(はずみ車)とひげゼンマイ(金属コイル)を使った機構に代わり、シリコン製単体構造の調整機構を採用した。素材には軽量なチタンや「アエロニス」(アルミニウムポリマーの合成素材)を採用、建築的なデザインで仕上げた。

ゼニスがバーゼルワールドに設けたブース

「時計」記事一覧

Watch Special 2019

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2019」ではSIHHやバーゼルワールドといった国際時計見本市で発表された新作腕時計レポートに加え、今年のトレンドやビジネスマンに向けた腕時計の基礎講座など幅広いコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2019はこちら

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019