ワクワクしてね 香るチョコや花びら飛び出すスイーツアカツキ 堤加奈子さん

ビジネスシーンで誰もが一度は頭を悩ませる手みやげ。大事な仕事相手に贈る手みやげを、企業の秘書たちはどのように選んでいるのか。テレビ東京「Newsモーニングサテライト」のシリーズ企画「三つ星手みやげ」。第18回はスマホゲームの開発・運営を手掛けるアカツキの堤加奈子さん。

堤加奈子さん

エンターテインメントを考える同社の社内風土は少し変わっている。オフィスでは社員全員靴を履かず、塩田元規社長に至っては素足。塩田社長は「家と同じくらいの自然体でいられ、社員と一歩深いコミュニケーションが取れる」と話し「はだしは哲学」とまで言い切る。

塩田社長をサポートする堤さんも風通しのいい社内の環境づくりに努める。月に1度の“社内居酒屋”ではおかみさんのような気配りをみせ、社長が何か社員に差し入れたいと思ったときは、あっと驚いてもらえる品を選ぶよう心がけている。ゼロから何かを生み出すために何よりもコミュニケーションが大切な職場に欠かせない存在だ。

堤さんにとっては手みやげすらもエンターテインメントだ。「もらった人がワクワクしたり、商品自体にストーリーがあるものを選ぶようにしている」。そんなお薦め手みやげの1品目は「Minimal(ミニマル)」(東京・渋谷)のチョコレート。本に見立てたパッケージを開くと、ピーチやピーナッツなどのフレーバーチョコ7種類がきれいに並んでいる。産地や気候によって個性が大きく異なるというカカオ豆を独自加工し、香料を使わなくても果物などの様々な風味を引き出すことに成功したという。

2品目は東京・白金にある「Libre(リーブル)」の新感覚スイーツ「フリュレ」。まるで果物のオブジェのようだが、切り込みを入れると桜の花びらや果実があふれ出るという独創的なスイーツ。映像でお楽しみください。

オーナー自ら世界中の農園に足を運び選んだカカオ豆を使用

ミニマル
ミニマル ワークス:フレーバー2019

5940円(税込み)
https://mini-mal.tokyo/products/works
テイクアウトはフリュレを1個ずつ瓶詰めに

Libre(リーブル)
フリュレ
 972円(税込み)~
※ピンク色のサクラは5月末までの限定品で1080円(税込み)
http://lef-libre.com/products.html#product1

これまでの記事は、「秘書が選ぶ三つ星手みやげ」からご覧ください。