超特盛に悪魔の… 令和のヒット予測、非健康にもカギ

「悪魔のおにぎり」は依然として人気で、現在もおにぎり棚のなかで存在感ある位置に複数列で並ぶ
「悪魔のおにぎり」は依然として人気で、現在もおにぎり棚のなかで存在感ある位置に複数列で並ぶ
日経トレンディ

雑誌日経トレンディは全12の商品ジャンルを定め2019年上半期にヒットしたものを選定し「上半期ヒット」とした。さらに下半期に注目の新商品やサービス、これから売り上げが爆発的に伸びそうなものは「令和ヒット予測」として選んだ。今日は食品ジャンルを紹介する。

◇  ◇  ◇

ここ数年の食品ヒットの条件として欠かせない「健康志向」。令和を前に、この流れに変化の兆しが見えてきた。

震源地はコンビニのおにぎり棚。ローソンが18年10月16日に発売した「悪魔のおにぎり」が、発売13日で約265万個という異例の販売スピードで、20年間不動の王者・ツナマヨを抜き去る大番狂わせを起こした。天かすと天つゆを使った「カロリー、糖質、脂質の固まり」(ローソン)で、パッケージでは「やみつき」をうたう、この逆張り戦略が奏功し、「好きなものを好きなだけ食べたい」という人々の欲望を掘り起こした。次いで19年は、吉野家の「超特盛」が1カ月で100万食の大ヒットとなるなど、健康志向の揺り戻しヒットが続く。

一方で、令和時代の健康トレンドは、肉から魚への「タンパク源シフト」が進みそうだ。コンビニで勢力を急拡大しているのが、「レンチン系魚総菜」と「サラダフィッシュ」。ファミリーマートの総菜シリーズ「お母さん食堂」では、レンジで調理ができる焼き魚系の商品を拡充。「洗い物が出ず、一人暮らしにも向く」(三菱食品)サラダフィッシュは、各社が発売し始め、セブン─イレブンも当初の予定通り、3月から全国での展開を開始した。

18年ブレイクしたサバ缶に続いて、19年はイワシ缶も好調だ。当初はサバ缶の代用品として伸長していたが、19年に入って風向きが変わった。テレビ番組でイワシが「体に一番いい回転寿司のネタ」として取り上げられるなど、ビタミンDなどが豊富に含まれている点が注目され、前年比約190%と一気に市場規模が拡大した。

さらに目立ったのが、時短商品の進化。健康食材として人気のタマネギを「限界まで入れ込んだ」(徳島産業)という「たっぷりたまねぎポン酢」が、18年9月の発売から累計出荷数約140万本と絶好調。斬新な見た目とタマネギを刻む手間のない簡便さが消費者の心を捉えた。「日清のそのまんま麺」も、ゆでたり水でほぐしたりする工程が無い即食性で市場に切り込む。

外食市場では、「個食」ニーズを背景にお一人様専用店が拡大。代表格は18年11月にオープンした「焼肉ライク」だ。一人客を重視した新業態は、計画比130%超と好調な出足。ライバル店も相次いで参入し、令和時代の一大トレンドになりそうだ。

●2019年上半期ヒット大賞「悪魔のおにぎり」(ローソン)
「悪魔のおにぎり」(ローソン)

18年夏ごろSNS(交流サイト)で話題になった「悪魔のおにぎり」を、「異例のスピード」(ローソン)で18年10月に商品化し、大ヒットにつなげた。消費者が病み付きになる「悪魔的」な味で、累計販売数は4月中旬時点で何と2900万個を突破。「20年間売り上げトップに君臨していた王者ツナマヨを抜いた」(同社)。雑炊やせんべいなど、多数の派生商品も生まれている。

【上半期ヒット】 「超特盛」(吉野家)

吉野家全店の売り上げも押し上げた「超特盛」(吉野家)

「肉を心置きなく食べたい」。ファンの欲望に応えた吉野家の「超特盛」(税込み780円)が、1カ月で100万食を突破する想定外の大ヒット。牛肉の量が大盛の2倍で1000kcal超と、健康志向の逆を行く新潮流だ。一方で、並盛の4分の3サイズの「小盛」(税込み360円)も1カ月で60万食を突破。

【上半期ヒット】 「冷凍カップ米飯」(セブン―イレブン・ジャパン)

「冷凍カップ米飯」(セブン―イレブン・ジャパン)

冷凍食品は、家庭での利用が主だったが、外でもすぐ食べられる手軽さが売り。オフィスでのランチにも重宝され、新たな市場を開拓した。袋チャーハンと比べて約2倍のヒットに。

【上半期ヒット】 「チキンラーメン」(日清食品)

「チキンラーメン」(日清食品)

誰もが知る超ロングセラー商品が、19年3月1日に売上高の最高記録を更新。これまでの過去最高売り上げだった03年度を6%程度上回る見込みだ。「要因は、NHKの連続テレビ小説『まんぷく』。ドラマを見てチキンラーメンを食べたいと思った人も多かったのでは」(True Dataデータアナリストの烏谷正彦氏)。ドラマ内でチキンラーメンが完成した19年2月には、売り上げが前月比の約2倍に急増した。

【上半期ヒット】 「たっぷりたまねぎポン酢400mL」(徳島産業)

「たっぷりたまねぎポン酢400mL」(徳島産業)タマネギは少し大きめにカット。サラダにかけたり、魚の刺し身にかけたりと使い方の幅が広い

健康、時短ブームを追い風に、知る人ぞ知るヒット商品。ふんだんに入れ込んだタマネギが魅力で、シンプルなパッケージを採用。見た目のインパクトが消費者の心をつかんだ。18年9月発売で累計出荷数は早くも約140万本。メーカーの徳島産業も「こんなにSNSなどで話題になった商品は初めて」という。

MONO TRENDY連載記事一覧