コスパも魅力 梅雨前に買いたい防水素材のビジネス靴梅雨の前にそろえたい大人向け防水シューズ

素材はPVCだが、見た目はまるでレザーそのもの。つま先部分のグラデーションなど、本革シューズの焦がし加工を思わせるリアルな仕上がりだ。上品なデザインでビジネスシーンにも難なく使用でき、雨の日の通勤を快適にしてくれる。

ブラウンで本革のような質感。つま先部分のグラデーションが本革シューズの焦がし加工を連想させる

「ストレートチップを始め、Vチップやコインローファーなど、さまざまなレインシューズを販売していますが、売り上げは非常に好調です」(ナノ・ユニバースのプレスチーフ、和田隼氏)

主な購買層は、スーツで出勤するビジネスパーソン。人気の理由について「レザーシューズにしか見えないクオリティーでありながら、価格が税別で1万円を切っていること」と和田氏は分析する。「雨用シューズにそこまでお金をかけたくない、でもデザインにもこだわりたいという心理にマッチしているのではないでしょうか」

本革のようなツヤと縫い目

クチデザイン「レインシューズ チャッカブーツ ブラック」(1万1000円)

PVCのなかでも強度に優れた素材を使ったクチデザインのチャッカブーツ。美しいツヤとリアルな縫い目は、まるで本物の革靴のようだ。

前に紹介した2足と同じく、この靴も一体成型で作られている。継ぎ目がないため、ひび割れに強い。使用しているPCVは耐光性に優れており変色もしにくい。マイナス10度程度まで対応するので、雨の日だけでなく雪の日にも履くことができる。真夏以外のオールシーズンで活躍するだろう。

オンオフで活躍するチャッカブーツタイプ。革のような上品なツヤが魅力だ

取り外し可能なインソールはクッション性に富み、防水シューズとは思えないほど履き心地も優れている。

チャッカブーツタイプなので、ビジネスはもちろんカジュアルにも合わせられる。晴雨兼用だけでなくオンオフも兼用できる、汎用性の高い一足。「フォーマル・カジュアルどちらでも履けるので使いやすい」「営業職なので、雨が降ったときのために会社に1足置いている」との声もあるという。

梅雨の前にそろえたい大人向け防水シューズ
防水だけど晴れの日も違和感なし 本革ビジネス靴3選
コスパ高く手入れも簡単 防水素材のビジネスシューズ
雨の日の街歩きに 大人顔の防水カジュアルシューズ

(ライター 津田昌宏、写真 宮前一喜=APT、スタイリング 宇田川雄一)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧