現金よりキャッシュレスがお得 手放せないスマホ「キャッシュレス決済」をマネーハック(1)

キャッシュレス決済、カギを握るスマートフォン

キャッシュレス決済の支払い方法を発行形式別に分けてみると、以下のように大別できます。

(1)クレジットカードのようなプラスチックカード(磁気)
(2)Suica、nanaco、WAONなどの電子マネーのカード(ICカード)
(3)スマートフォン(スマホ)など(アプリなどを使用)

マネーハック的に注目してみたいのはやはり、国民の多くが所有する便利なデバイスのスマホです。

スマホであれば、何枚ものカードを持ち歩く必要もありません。キャッシュレスかつカードレスな決済手段でもあるわけです。しかも、電子マネーの支払いにはおサイフケータイ(フェリカ)やQRコード決済の機能で、またクレジットカード払いにはApple Payといった機能で、スマホから決済できるようになっています。

もはや、財布を忘れてもスマホを忘れることがないほど、私たちにとって手放せない存在になっています。スマホをどう使いこなすかが、キャッシュレス決済の時代を乗りこなす大事なカギになっているのです。

マネーハックとは ハックは「術」の意味で、「マネー」と「ライフハック」を合わせた造語。ライフハックはIT(情報技術)スキルを使って仕事を効率よくこなすちょっとしたコツを指し、2004年に米国のテクニカルライターが考案した言葉とされる。マネーハックはライフハックの手法を、マネーの世界に応用して人生を豊かにしようというノウハウや知恵のこと。
山崎俊輔
フィナンシャル・ウィズダム代表。AFP、消費生活アドバイザー。1972年生まれ。中央大学法学部卒。企業年金研究所、FP総研を経て独立。退職金・企業年金制度と投資教育が専門。著書に「読んだら必ず『もっと早く教えてくれよ』と叫ぶお金の増やし方」(日経BP)、「共働き夫婦 お金の教科書」(プレジデント社)など。http://financialwisdom.jp
2019日経マネー アンケート調査
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし