WOMAN SMART

鈴木ともみの気になるハナシ

天海祐希さん 自分に対する悔しい思いで成長を続ける

2019/5/10

退団後は映画やTVドラマ、舞台において単独主演を務める日本を代表する女優の一人としてその地位を不動のものとしています。役者としてだけでなく、不定期放送されているトークバラエティー番組『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』(フジテレビ系)ではMCを務めるなど、活躍は幅広く、その都度、天海さんらしさがにじみ出ており、ベテランとなった今でも、表現者としての魅力は増すばかりです。

そして、マツコさんが評した通り、どの場においても「場違いにはならない」万能感が常に漂っています。

この万能感というものは、ビジネスの世界において、部下や後輩たちが、上司に望むものの一つなのかもしれません。さらに天海さんには男性にもひけを取らないきっぷの良さ、姉御肌で面倒見の良さといったイメージもあります。

この人の下にいれば、思いっきりやれる、信じてついていける、間違いない、そんな万能感を持つ上司のもとであるならば、きっとチームの連帯感も強まることでしょう。

■納得がいかないから次の仕事をやる

生まれついてのスターのような天海さんですが、仕事に関しては決して器用なほうではないようです。少しずつ壁を乗り越えてきているのです。

シネマトゥデイのインタビュー記事のなかでデビュー当時から変わらない志について次のように語っています。

「自分が納得のいく仕事ができなかったから、次のお仕事をすると思うんです。もし、できたと思ってしまったら、わたし最高!完璧!って思ってしまったなら、多分その次の仕事をしないと思います。

ただ、何をしたって後悔はするし、何をやったって悔しい思いをすると思うんですよ。1年後に見たら、別の方法もあったとか、時間がたてばたつほど必ず感じると思う。それは成長しているということで、人は悔しいから成長するんです。精いっぱいやったつもりなのに、去年よりも成長している自分が去年の自分を見たら悔しいですよね。次、そんな悔しい思いをしないように頑張るけれど、また悔しい思いをする。その繰り返しだから辞められないのだと思います」

昨年の現場よりも成果を出せるように、今の現場で精いっぱいの力を尽くす……今、目の前のことに真摯に挑み続ける姿こそが、マツコさんの言うところの「(天海さんには)場違いな場所なんてどこにもない」という言葉に含まれた万能感につながっているのだと思います。

天海さんのように強く美しくあり続けることは難しいのは重々承知していますが、天海さんの「昨年より今」という仕事に臨む心がけと、「場」に挑み続ける姿勢については、見習っていくこともできるのではないでしょうか。

令和新時代の幕開けと共に、前向きな心持ちで進んでいきたいものですね。

鈴木ともみ
経済キャスター、ファイナンシャル・プランナー。日本記者クラブ会員。多様性キャリア研究所副所長。テレビ、ラジオ、各種シンポジウムへの出演のほか、雑誌やWeb(ニュースサイト)にてコラムを連載。主な著書に『デフレ脳からインフレ脳へ』(集英社刊)。株式市況番組『東京マーケットワイド』(東京MX・三重TV・ストックボイス)キャスターとしても活動中。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
日経ARIA
マレーシアに7年住み知った 移住に向く人、向かな
日経doors
読者9割「メンターが必要」 欲しいアドバイスは?
ALL CHANNEL