powered by 大人のレストランガイド

初夏に合うコンビニお手軽白ワイン 10本を飲み比べエンジョイ・ワイン(11)

大手コンビニで購入した1000円未満の白ワイン
大手コンビニで購入した1000円未満の白ワイン

白ワインの季節がやってきた。グレープフルーツや桃、パイナップルといった果物の甘酸っぱい香りとスキッとした酸味が特徴の白ワインは、気温がぐんぐん上がり始めるこれからの季節にピッタリのワイン。今回は大手コンビニチェーンで売られている、1本1000円未満で買える白ワインを比較試飲しランキングした。

方法はワインの資格を持つ愛好家5人がブラインドテイスティングし、香りや味わいをコメント。同時に5点満点で点数を付け、5人の平均点で順位を出した。

試飲した5人が異口同音に指摘したのが、コンビニ白ワインの多彩さとレベルの高さ。シニアワインエキスパートの資格を持つ会社員の齋藤稔さんは「コンビニワインは大量生産タイプで味わいも似たり寄ったりというイメージを持っていたが、非常にバラエティーに富んでいて驚いた」と述べた。

シニアワインエキスパートでワイン検定の講師も務める松島千冬さんは、「チリやカリフォルニアなど、いわゆる新世界のワインはアルコールや樽(たる)の香りが強すぎてバランスの悪いものも多いが、今回テイスティングしたワインはそういった印象は薄く、よく造られているものが多いという印象を受けた」と評価。航空会社の客室乗務員でシニアソムリエの波岡千恵子さんも「よい意味で裏切られた」と感想を述べた。

もちろん1本何千円もする高級ワインと比較すれば香りも味わいも見劣りするが、「この値段なら全然悪くない」との意見で一致した。

試飲したワインの間で点差がついた最大の要因は白ワインのおいしさを決める2大要素である果実味と酸味のレベルだ。高得点のワインは総じて、果実の華やかな香りがしっかりと感じられ、同時に心地よい酸味が余韻に残った。逆に低得点のワインは酸味はあるものの果実味が物足りなかったり、その逆だったりとバランスの悪さが目立った。

カープーカー ソーヴィニヨン・ブラン2018 マールボロ
1位「カープーカー ソーヴィニヨン・ブラン2018 マールボロ」 4点 980円(税込み購入価格、以下同じ) セブンイレブン

試飲した10本の中で唯一の4点台。ソーヴィニヨン・ブランは果物の豊かな香りや、さわやかなハーブの香りが特徴の品種で、白ワインではシャルドネに次いで人気が高い。中でもニュージーランド南島マールボロ地区のソーヴィニヨン・ブランは、よく熟したトロピカルフルーツの香りが魅惑的で、世界的に有名だ。

日本だと通常この値段では買えないが、このワインはボトルでなくバルクで輸入し日本国内で瓶詰めすることで、製造コストを引き下げているようだ。バルクワインは安物のイメージも強いが、保存技術や輸送技術の進化で、最近は味わいがよいものも増えている。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド