WOMAN SMART

ヘルス

私の妊娠可能性や年齢リミットは? 産婦人科医が回答

日経doors

2019/5/15

知っておきたい「妊娠のしやすさ」と「妊娠のリミット」(写真はイメージ=PIXTA)
日経doors

いつか子どもが欲しいと考えている女性でも、妊娠や出産はまだ先でいいと考えている人は多いと思います。ただ、将来の妊娠に向けて、自分が妊娠しやすい体かどうかは気になるところ。そこで「妊娠のしやすさ」と「妊娠のリミット」について、産婦人科医の高橋怜奈さんに話を聞きました。

■「血液検査で卵巣年齢が分かる」はあくまで目安

妊娠や出産はまだ先でいい。「でも、取りあえず自分は妊娠しやすい体なのか知りたい」という人も多いのでは? 周りを見てみると、子どもを何人も産んでいる人も、なかなか授からなくて苦労している人も、それぞれ体形や生活スタイルもさまざま。妊娠しやすい体ってどんな体なのか、イメージしにくいですよね。

高橋さんの診察室にも「妊娠できる体かどうかチェックしてほしい」と訪ねてくる女性がたくさんいるそうです。でも、残念ながら、妊娠のしやすさは簡単に調べることはできないと高橋さんは言います。

「少し前に、AMH(アンチミューラリアンホルモン)値を測る血液検査がはやりました。AMHを測ると、卵巣内に卵子がどれくらい残っているかが分かります。この検査により卵巣年齢が分かると考え、たくさんの人が飛びついたのですが、この数字も妊娠しやすさの一つの目安に過ぎません。なぜならたとえ卵巣にたくさんの卵子が残っていても、年齢を重ねていれば卵子の質は低下しますし、残っている卵子の数が少なかったとしても、卵子の質が高ければ妊娠します。AMHの数値が高いからといって、それだけで妊娠しやすいと考えるのは早計です」

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL