健康・医療

from 日経Gooday

魚の生食は「新鮮=安全」ではない アニサキスに注意 Dr.今村の「感染症ココがポイント!」

日経Gooday

2019/4/26

――アニサキス食中毒を疑う場合は、どのように対処すればよいでしょうか。

アニサキスは数日で体外に排出されますが、腹痛が激しい場合は、医療機関を受診したほうがよいでしょう。アニサキスを駆除する治療薬はないため、胃の内視鏡検査を行い、胃壁にいるアニサキスを見つけて、取り除きます。

■生食は避け、加熱か冷凍を

――アニサキス食中毒を防ぐ方法を教えてください。

最も効果的な方法は、魚介類の生食を避けることです。アニサキスは加熱に弱く、60度で1分間、70度以上で加熱すればすぐに死んでしまいます。マイナス20度以下で24時間以上冷凍することでも死滅するので、刺し身を食べる際は一度冷凍したものであれば、食中毒のリスクは少なくなります。酢でしめたり、しょうゆやわさびをつけたりしても、食中毒の予防効果は期待できません。

また、アニサキスは養殖魚にはほとんど見られないので、養殖ものを選べばリスクを減らすことはできるでしょう。

天然魚を生で食べる場合は、できるだけ鮮度の良い魚を選べば、内臓にいるアニサキスが身の部分へ移動するのを多少は防げるかもしれません。ただ、もともとアニサキスによる食中毒は新鮮な魚を食べられる漁港近くの地域で多く発生していたので、それを考えると、新鮮だから安心ともいえません。どうしても天然ものを生でという場合は、せめてアニサキスがいる可能性の高い内臓を生で食べるのは避けたほうがいいでしょう。

また、「よくかむ」「たたきにする」といった方法により、アニサキスの体が壊されて食中毒を起こしにくくなるといわれることがありますが、アニサキスは小さくとぐろを巻いているので、偶然にかみ切れたり、刻めたりすることはあっても、確実に予防できるとはいえません。

■サケやマスには数メートル級の寄生虫がいることも

――食中毒のリスクがあると分かっていても、天然魚や内臓を食べたいという人は多いかもしれませんね。

そういったグルメ志向が、アニサキス食中毒が増えている要因でもあります。アニサキス食中毒は、前述した通り、以前は新鮮な魚がとれる漁港に近い地域での発生が中心でした。しかし、近年は広域流通システムの発達により、都市部でも、本来は焼いて食べたり、冷凍し運んでいたりした魚を、そのまま刺し身などで食べる機会が増えたことで、アニサキス食中毒が多く見られるようになっています。

また、最近ではアニサキスだけでなく、ヒラメに寄生するクドア・セプテンプンクタータ(以下、クドア)や、サケやマスに寄生する「裂頭条虫(れっとうじょうちゅう)」が原因で受診される方もいます。

――クドアによる食中毒は時々ニュースになるので、聞いたことがあります。

クドアが寄生したヒラメを生で食べると、下痢や嘔吐などの症状が出ますが、症状は軽度で、回復も早いです。クドアによる食中毒も、冷凍か加熱によって防ぐことができます。

――裂頭条虫とはどのようなものですか?

駒込病院で取り出した体長11mのサナダムシ(写真提供=今村さん)

厳密には日本で見られる「日本海裂頭条虫」と、海外で見られる「広節(こうせつ)裂頭条虫」に分かれます。裂頭条虫の幼虫はアニサキスと同じく体長は2~3cm程度ですが、人の体内に寄生すると、数メートルに成長します。駒込病院では、最長で11mの裂頭条虫を取り出したことがあります(写真参照)。平たい真田紐(ひも)に似ていることから、別名「サナダムシ」と呼ばれることがあります。

――サナダムシという呼び名は聞いたことがあります。裂頭条虫が体内で成長すると、どのような症状が表れるのでしょう。

裂頭条虫が体内で成長しても、これといった症状はほとんど見られません。ただある日、トイレで排便時に違和感を覚えて確認すると、お尻から裂頭条虫がぶら下がっていることに気づきます。そこで慌てて引っ張ると途中で切れてしまい、切れた裂頭条虫を持って受診されるケースがほとんどです。

裂頭条虫は頭部が体内に残っている限り、再び節を伸ばして成長します。そのため、裂頭条虫で受診された場合には、当院では1泊2日で入院していただき、裂頭条虫を排出させる薬を用いた後、下剤も使って、頭部まで全て排出されたかどうかを確認します。

――症状はほとんどないとはいえ、お尻から長い虫がぶら下がっている光景を想像すると怖いですね。裂頭条虫を避ける方法はありますか。

裂頭条虫もアニサキスと同様に、加熱するか、生食であれば一度冷凍したものを食べるというのが、最も効果的な予防法となります。

「新鮮、天然、生」と聞くと食欲をそそられる方は多いでしょうが、「安全」とは限りません。そのことを十分に意識して、寄生虫による食中毒を予防してほしいと思います。

(ライター 田村知子)

今村顕史さん
がん・感染症センター都立駒込病院感染症科部長。1992年浜松医科大学卒業。駒込病院で日々診療を続けながら、病院内だけでなく、東京都や国の感染症対策などにも従事。日本エイズ学会理事などの様々な要職を務め、感染症に関する社会的な啓発活動も積極的に行っている。自身のFacebookページ「あれどこ感染症」でも、その時々の流行感染症などの情報を公開中。都立駒込病院感染症科ホームページ(http://www.cick.jp/kansen/)

健康・医療 新着記事

ALL CHANNEL