MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

街歩きに便利、梅雨にも備え アウトドアシューズ5選

2019/5/10

桜も終わり、若葉の薫る季節になった。近所の山にハイキングに行くにはぴったりの季節だろう。ハイキングなどのライトな山行だけでなく、フェスやキャンプなど、様々なアウトドアアクティビティーに対応するモデルをピックアップした。防水機能があるものは梅雨の備えにもなる。

■最初の一足としてもオススメな高コスパモデル

「HI-TEC(ハイテック)」の「AORAKI WP」(税別5300円)

イギリス発祥のアウトドアブランド「HI-TEC(ハイテック)」の「AORAKI WP」(税別5300円)は、軽量で防水透湿性能がありながら手ごろな価格で、初めてのアウトドアシューズとして適している。ローカットのモデルは、街履きからアウトドアまで幅広く対応。アウトソールもグリップや剛性が確保され、クッション性のあるインソールなどアウトドアシューズとしての機能も申し分無い。より本格的なアウトドアにも対応するミッドカットタイプ(税別5900円)もラインアップしている。

■軽量化と安定性を両立

メレルの「CHAMELEON 7 GORE-TEX」(税別2万2000円)

メレルの代表的なモデルとも言える「カメレオン」も7代目となった。「CHAMELEON 7 GORE-TEX」(税別2万2000円)は、硬度があり、ひねりにも強いTPU(熱可塑性ウレタン)プレート「FLEXPLATE」をアウトソールに採用し、軽量化と安定性を両立した。過去のカメレオン2と比較して25%も軽量化された。

ゴアテックスによる防水透湿性をもち、河原で遊んだり、不意の雨などによる悪路でも、足を快適に保ってくれるので、アウトドアに積極的に踏み出す一足としてオススメしたい。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
吉野家をV字回復させた敏腕マーケター ヒットの法則
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
誠品生活の実力 「世界で最もクールな百貨店」の正体
ALL CHANNEL