マネーコラム

Money&Investment

決算発表を投資のヒントに 連休明けに業績予想続々

2019/5/5

決算発表の資料を棚に入れる企業の担当者ら(東証)

10連休を目前に控えた平日の夜。筧家のダイニングテーブルでは、良男と幸子、恵が旅行や買い物の計画で盛り上がっています。一方、満はタブレット端末で熱心に調べものをしています。かたわらには「決算発表特集」と題した雑誌があります。

筧(かけい)家の家族構成
筧幸子(48)良男の妻。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ。
筧良男(52)機械メーカー勤務。家計や資産運用は基本的に妻任せ。
筧恵(25)娘。旅行会社に勤める社会人3年目。
筧満(15)息子。投資を勉強しながらジュニアNISAで運用中。

筧満 10連休は人の動きが活発になり、消費にもいい影響を与えそうだよね。企業によっては売り上げが伸びるかも。企業の業績ってどう調べればいいの?

筧幸子 上場企業の業績を手っ取り早く知るには「決算短信」をみることね。決算短信は企業の通信簿みたいなもので、3カ月に1回発表されるわ。ある期間にどのくらいのモノやサービスが売れて、どのくらいの利益が出たかがわかるの。決算短信は、日本取引所グループの公式サイトにある「適時開示情報閲覧サービス」や会社のホームページなどで確認できるわよ。

筧良男 年4回発表されるということか。企業はいつごろ決算短信を発表するのかい?

幸子 決算期によって異なるわ。例えば、3月末を1年の区切りとする3月期決算の企業は、4月下旬から5月上旬に発表することが多いの。東京証券取引所に上場する企業の6割強は3月期決算だから、ちょうど今の時期から決算発表が本格化するわ。1年のまとめだから特に重要視されていて「本決算」と呼ぶこともあるの。その後は4~6月期、4~9月期、4~12月期と3カ月ごとに決算を発表し、2019年3月末までの1年間は19年3月期決算としてまとめるの。

 3月期は学校の進級、進学と同じ区切りだからわかりやすいね。

幸子 12月や2月で1年を区切る会社も結構、あるの。12月期の会社にとっては、今ごろが1~3月期の四半期の決算を発表する時期になるわ。

良男 ところで、その会社を分析するには、決算短信をどう活用すればいいのかな?

幸子 決算短信は売上高や利益などが載っている「サマリー情報」と、売上高や利益が増えたり減ったりした要因がわかる「添付資料」で構成されていて、まずサマリー情報をみることね。ここに重要な点が詰まっているの。どの会社も同じ形式なので、一度理解すればいろんな会社を分析できるわ。

 数字ばかりで難しそう。

幸子 そうでもないわよ。一番上に書かれている「経営成績」をみれば、売上高や利益が1年前の同じ時期と比べ、どのくらい増えたか減ったかがわかるわ。企業や業界によって傾向は違うから一概にはいえないけど、売上高や利益が増え続けている企業の業績は好調といえるの。

良男 さらにその下には「配当の状況」が書かれているね。配当は僕も聞いたことがあるよ。企業が稼いだ利益を株主に分配するんだろ?

幸子 そうね。配当は企業の純利益がもとになるから、経営成績のうち純利益を最重視する投資家は多いわ。配当についても、1年前の同じ時期と比べた増減が載っているの。

 ふむふむ。なんとなく分かってきた気がする。

幸子 待って。投資家の多くは一番下の「業績予想」を最も気にしているの。その時点での将来の業績の見通しが書かれているわ。会社によって異なるけど、期が始まってから6カ月後と1年後の予想を載せている場合が多いわね。

 将来は何が起こるか分からないし、当たるのかな?

幸子 業績予想が実態と大きくずれることがわかったら、企業は途中で業績予想を修正することがあるわ。想定以上にモノやサービスが売れたらもっと良い数字に改めるし、逆もあるの。数字を良くすることを「上方修正」、悪くすることを「下方修正」と表現することがあるから覚えておいてね。

良男 数字だけだと事業の詳しい中身がわからないよ。

幸子 数字で事業の善しあしをつかんだら、次は添付資料を使って事業の概況を把握するといいわ。ただ、詳しさは会社ごとにまちまちよ。会社によっては、よりわかりやすい資料をホームページで公開していることがあるの。

 決算短信の内容は株価にどう影響するの?

幸子 本決算が大事なのは1年のまとめが発表されるから、というだけではなくて、次の期の業績予想も併せて出すからなの。株価に一番影響を与えるのは業績予想の場合が多いわ。多くの人が不調だと思っていた企業が明るい業績見通しを出すと、株価が大きく上がることがあるの。業績予想の修正も同様に株価に影響を与えるのよ。

良男 「驚き」が株価を動かすというわけだね?

幸子 衣料品大手のアダストリアは4月4日、20年2月期の純利益が前期比で54%増えるとの予想を発表したの。明るい見通しが出たことで、株価はその後、大きく上がったわ。逆に、株価が下がってしまったのがセブン&アイ・ホールディングス。同じ日に20年2月期の純利益が前期比で3%増になる見通しだと発表したけど、投資家はもっと大きく利益が増えると期待していたようね。

 大型連休の消費が反映されるのは、3月期企業だと19年4~6月期決算だね。

幸子 そうよ。どの企業がより恩恵を受けやすいかを分析してみると、投資のヒントが得られるかもしれないわ。

■複数指標で利益を判断
SMBC信託銀行プレスティア シニアマーケットアナリスト 山口真弘さん
企業の株価動向と結びつきが強いのは純利益ですが、この数字を見るだけでは企業の実態を見誤ることがあります。大事なのは「本業で稼げているか」の判断です。本業でのもうけを示すのは営業利益です。営業利益が減っている一方で純利益が膨らんでいる場合は、保有株式の売却など本業と関係の薄い、一過性の要因がある可能性があります。売上高、純利益など複数の指標を組み合わせて、利益が拡大し続けるかどうかを分析しましょう。
業績予想の修正の可能性を探るには、年間の予想をどの程度達成したかを示す「進捗率」が重要です。進捗率は四半期決算などで確認します。進捗率が高まれば、上方修正に至る可能性がより意識されるようになります。進捗率が低い場合は下方修正の危険があるため、注意が必要です。
(聞き手は川上純平)

[日本経済新聞朝刊2019年4月24日付]

マネーコラム 新着記事

ALL CHANNEL