福原遥 お母さんが手作りしてくれた台本カバー

料理が好きでお母さんの誕生日に買ってあげた包丁を自分でもよく使っているという

人生計画の目標は、幸せな「ホームシアター」

「とにかく家族が好き」と笑う福原さん。最近、家族にプレゼントしたのは、オールステンレス製で人気の「グローバル」の包丁だ。

「家ではもう5~6年、ずっと同じ包丁を使っていたので、お母さんの誕生日にプレゼントしました。良いと思ったポイントですか? 切れ味です(笑)。すごくよく切れるし、使いやすいんですよ。柄の部分にボコボコと穴が開いていて、デザインもカッコいい。プレゼントとしてあげたんですけど、私もめっちゃ使ってます。

料理は好きです。一番の得意料理は、そぼろ。簡単に作れておいしいので、頻繁に作っていて。もう目分量で、いつも変わらない味のものが作れますね。あとはスイーツも好きなので、クッキー、キャラメル、ケーキやタルトを作ったりもします」

19年は1月期のヒットドラマ『3年A組-今日からみなさんは、人質です-』でも重要な役どころで活躍。少女マンガ原作の青春映画『4月の君、スピカ。』では、ピュアなヒロインを演じて魅了した。

子役から大人の女優への階段を上る福原さんが、もし望み通りの人生を手に入れられる「人生計画書・白」を手に入れたらどうするのだろう。

「真っ先に書くのは、やっぱり家族の家を建てること(笑)。大きな庭やバルコニーがあるといいですね。私は焼肉が好きなので、そこでバーベキューがしたいです。

その家の中に欲しいのは、映画館。大きなスクリーンを置いて、みんなで映画を見たいです。私の出演作も、そこで家族に見てもらって、楽しんでもらえたらうれしい。

ずっとこのお仕事を続けて、人にエネルギーを与えられるようなお芝居ができる役者になりたいです」

ずっとこのお仕事を続けて、人にエネルギーを与えられるようなお芝居ができる役者になりたい
福原遥
98年生まれ、埼玉県出身。09年から13年まで、NHK Eテレの子供向け料理番組「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」の柊まいんを演じて人気を博す。12年より「ピチレモン」専属モデルとして活躍。17年にアニメ『キラキラ☆プリキュアアラモード』で声優デビュー。18年には『女々演』で映画初主演、『声ガール!』で連続ドラマ初主演を果たした。19年は1月期のドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』に出演。4月に主演映画『4月の君、スピカ。』が公開された。

『映画 賭ケグルイ』

ギャンブルの強さで生徒の階級が決まる私立百花王学園。2年華組に転校してきたギャンブル狂の蛇喰夢子は、学園の頂点に立つ生徒会長との対決を心待ちにしていた。その頃、「非ギャンブル」「生徒会への不服従」を掲げる白装束集団「ヴィレッジ」が台頭。ヴィレッジと夢子を潰そうともくろむ生徒会は、全校生徒強制参加のギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」を開催する……。監督・英勉 出演・浜辺美波、高杉真宙、森川葵、池田エライザ、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華、中村ゆりか、三戸なつめ、矢本悠馬、森川葵 19年5月3日(金・祝)全国ロードショー

(文 泊貴洋、写真 藤本和史)

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧