MONO TRENDY

Bizギア・フラッシュ

防水だけど晴れの日も違和感なし 本革ビジネス靴3選 梅雨の前にそろえたい大人向け防水シューズ

2019/5/13

雨の日はもちろん、晴天に履いても違和感がない、防水性に優れた本革ビジネスシューズを紹介する

ゴールデンウイークも終わり、梅雨の季節が近づいてきた。雨の多い時期に備えて、今から用意しておきたいのが防水シューズだ。今回の特集ではビジネスにも対応する大人向け防水シューズを3回に分けて紹介する。第1回に取り上げるのは、本革ながら防水性に優れたビジネスシューズだ。

■ゴアテックス使用だがビジネスに違和感なし

リーガル「06TR CE」(3万5000円、税別※以下同)

「防水シューズは、梅雨時期だけでなく、年間を通して需要が高まっている」と教えてくれたのはリーガルコーポレーション商品企画一部部長の若松隆行氏。「はっ水性や形状保持といった機能を備えるようスーツなどが注目を集めているように、シューズにもビジネスギアとしての機能性が求められているのではないか」

リーガルの防水シューズは、ゴアテックス使用の本革モデル。ゴアテックスを使用しながら、ソールとアッパーを縫製して接合するグッドイヤーウエルト製法で作られている点が特徴だ。

ゴアテックスを使用しながらグッドイヤーウエルト製法を採用。ドレス感のある防水革靴だ

一般的にゴアテックスを使用した革靴は、セメント製法(アッパーとソールを接着する方法)によるものがほとんど。グッドイヤーウエルト製法は、本格的なドレスシューズに用いられる製法で、ドレス感のある仕上がりとなるが、一方でソールに針を通すため防水機能を保つのが難しい。

この技術的な壁を乗り越えて2001年に完成したのが、リーガルの防水シューズ。以来、モデルチェンジを行いながらブラッシュアップされ、19年モデルとなる本作は、防水とは思えないほどエレガントなデザインを実現している。

アッパーは牛革のしなやかさとツヤ感を生かしたUチップ。ソールも見た目のドレス感を保ちつつ耐滑性のある軽量なものを使用しているので、雨の日でもカジュアルになりすぎず快適に履ける。また透湿性も兼ね備えているため、晴れでも履ける、一年を通して使える一足に仕上がっている。

「ビジネスシューズ全般の売り上げは全体的に厳しいのですが、その中で、ゴアテックスを搭載したビジネスシューズの堅調さは特に目立っています。ここ数年はゴアテックスを指名買いされるお客様も確実に多くなっており、売り上げは年々伸びています」と若松氏。天候にかかわらずドレス感のあるビジネスシューズを求めている人や、出張の多いアクティブなビジネスパーソンから特に支持を得ているという。

■超はっ水レザーを採用したビジカジ靴

スピングルビズ「超撥水ストレートチップ」(2万3000円)。つま先が反り上がったフォルムの巻き上げソールは歩きやすい、形崩れしないなどの長所がある

スピングルビズは、ゴム製の巻き上げソールを特徴とするシューズブランドだ。ゴムメーカーとして創業した広島の自社工場は約80年の歴史を持つ。高圧力でゴムを硬化させてアッパーとアウトソールを結合する「バルカナイズ製法」でシューズを作っている。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
個店開拓の領域 QR決済事業者は3陣営に収れん?
日経クロストレンド
KDDI社長が先読み 5G時代はリカーリングが全盛
日経クロストレンド
コンビニを侵食 ドラッグストアは「小売りの王者」
日経クロストレンド
楽天OBがアットコスメでバカ売れ施策 その内容とは
ALL CHANNEL