powered by 大人のレストランガイド

コーヒーを五感で体験 急増するロースター併設カフェ

焙煎日なら、焼きあがった豆が落ちる瞬間や冷ましているところを目の前で見ることができる「Little Darling Coffee Roasters」
焙煎日なら、焼きあがった豆が落ちる瞬間や冷ましているところを目の前で見ることができる「Little Darling Coffee Roasters」

今年2月末、東京・中目黒にオープンした「スターバックス リザーブ ロースタリー東京」はいまだ連日行列の人気ぶり。店内にある巨大なロースター(焙煎〔ばいせん〕機)も話題になっているが、最近はほかにもロースター併設カフェが増加中。都内の3店舗を訪れ、魅力を探ってみた。

東京・南青山に2018年10月にオープンした「Little Darling Coffee Roasters(リトル ダーリン コーヒーロースターズ)」は、カフェ・ショップ・オフィスからなる施設「SHARE GREEN MINAMI AOYAMA (シェアグリーン ミナミアオヤマ)」内にあり、店の前には緑の広場が広がる。

都心にいることを忘れそうなのんびりした空気が流れる「Little Darling Coffee Roasters」

倉庫をリノベーションした店内は、天井が高く開放感があり、外国風のおしゃれな雰囲気。カウンター内に置かれたドイツの老舗焙煎機「プロバット」もクールなたたずまいだ。

同店では世界各地のえりすぐりのコーヒー豆を季節にあわせてセレクト。店内のロースターで焙煎した豆を常時5種類用意している。同店マネジャー赤川直也さんは「コーヒーフェストラテアート世界選手権2016」で世界第2位に輝いた実力の持ち主でもある。メニューはホットコーヒーやコールドブリュー(水出しアイスコーヒー)、エスプレッソやラテなど定番のほかに、コーヒーソーダなどユニークなドリンクも。

「Little Darling Coffee Roasters」のお薦めメニューの「ハンドブリュー」 左のカップに注いで飲む 豆の紹介が書かれたカード付き

お薦めの「ハンドブリュー」(600円税込み)を注文してみた。コーヒーは単一の豆を使うシングルオリジン2種類から選択可能。抽出方法も油分を含んだまろやかな仕上がりの「アメリカンプレス」と、ペーパーフィルターを使うことですっきりした味わいを楽しめる「カリタウェーブ」の2種類から選べる。取材日はエチオピアの豆をカリタウェーブで抽出してもらった。かんきつを思わせる酸味があり、フルーティーで雑味のないすっきりした味わい。店の前に広がる緑の広場を眺めながら、いれたてのコーヒーをゆっくり楽しむ時間は格別だ。

焙煎は通常は火曜と金曜に実施。豆の量によっては月曜や木曜に焙煎することもあるそうで、焙煎日であれば、待ち時間も豆がはぜる音や香りを楽しめる。

赤川さんは、ロースターを併設するメリットについて次のように説明してくれた。「お客様は実際に飲んでいるコーヒーがどのような過程を経て提供されているのかを知ることができ、生豆の色や焙煎の方法など新しい発見を楽しんでいただけます。お店としては、店舗で焙煎することで豆のクオリティーを管理しやすく、品質を保ったコーヒーを適正価格で提供できます」

中華風バーガー「BAO」やデザートなどコーヒーに合うフードも多彩。これからの季節、天気がよければ店前の広場で、のんびりピクニック気分を楽しむのもよさそうだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド