powered by 大人のレストランガイド

オーストラリアの「酒サムライ」 強い味でファン開拓世界で急増!日本酒LOVE(10)

メルボルンで日本酒バーなどを経営する「酒サムライ」アンドレ・ビショップさん
メルボルンで日本酒バーなどを経営する「酒サムライ」アンドレ・ビショップさん

「酒サムライ」と呼ばれるオーストラリア人がいる。メルボルンで和風居酒屋や日本酒バーなど4店舗を運営し、オーストラリアで「獺祭」(山口県・旭酒造)のブランドアンバサダーとしてプロモーション活動もするアンドレ・ビショップさんだ。

日本各地の蔵元を訪問し、日本酒イベントにも参加。日豪両国で日本酒の普及に精力的に取り組む功績が認められて、2013年に「酒サムライ」の称号を授与された。

「酒サムライ」とは、日本酒造青年協議会が05年から毎年、日本酒の普及に貢献した人を数人選んで叙任している称号だ。過去の叙任者には、ソムリエの田崎真也氏、料亭「菊乃井」の当主・村田吉弘氏などが名を連ねている。

ビショップさんはオーストラリアではレストラン経営者としても有名だ。05年にオープンした「Golden Monkey」は07年、バーの新店を評価する「Australia’s New Bar Of the Year」を受賞。その後、2年連続で「Best Bar in Australia」も受賞した(現在は売却している)。08年には、オーストラリア初の日本酒専門バー「Nihonshu Shochu & Sake Bar」を開店した。

11年にアジアの各国の料理を融合させたフュージョン居酒屋「KUMO(雲)」を開業した。日本酒だけで40種、小規模ワイナリーのワインなども含めるとアルコールの種類は計約70種取り扱う。同店もオーストラリアのグルメ関連の賞をいくつも受賞している。

日豪の各種酒イベントに積極的に参加するビショップさん

ビショップさんは日本酒のプロフェッショナルを認定する資格「The Sake Education Council」の上級クラスを修了している。英語での日本酒講義を通して日本で認定するプロ資格で、オーストラリア人としては最初の修了者だ。その日本酒の専門スキルを生かし、日豪両国のレストランで酒リストの作成やスタッフトレーニングなどを手がけている。

「酒サムライ」としてテレビに出演し、雑誌の連載も持つビショップさん。日本酒や日本料理だけでなく、日本のカルチャー全般にも精通するが、「もともと日本のアニメ・オタクだったんです。特にガンダムが好きです」と笑う。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド