銀座に合うスーツスタイル 昼は正統派 夜は個性派で裏地、アクセサリーもセンスの見せ所

MEN’S EX

2019/5/19

モダンセンスで魅せる新時代のオーダーサロン

島田雅史さんが手がけるのは

色づく夜の街並みに映える“個性派スーツ”

【 Detail 】

表地同様裏地もセンスの見せどころ

裏地は目を引く朱赤。表地のグリーンとの馴染みも抜群だと島田さん。白ジレも、表情が豊かでリラックス感のあるリネンなら爽やか。

オーダーらしい魅せることを意識した仕様

パンツはワタリに余裕を持たせた2プリーツ。動くたびに揺れ動く光沢感が目を引く。サイドアジャスターの光も暗闇で洒脱に見える。

非日常感は足元からも演出する

夜のシーンであればスーツにブーツも新鮮に見える。スリッポンなどで緩めるのではなく、敢えて肌の露出を控えるのが島田流だ。

夜のスーツだからこそ大人の円熟味を思う存分発揮できる

スーツといえば仕事用と、短絡的に結び付けていては、着飾る場へ赴く気分も上がらない。夜の遊び着として今、島田さんが注目している色はグリーンだ。

「座るだけで3~5万円は当たり前のクラブが軒を連ねる街ですから、非日常感はマスト。これは、2年程前にコレクションブランドのショーでよく見た色。それによく似た色をドーメル社のエクセルで見つけたのですが、実はそれは生地の裏面でした。あまりにもイメージ通りだったので裏を表に。注文服ならではの遊び方です」

さらに、アクセサリー使いの選択も自由度が圧倒的に高まる。

「アクの強いスーツでも、白リネンジレを一枚挟むだけで、クリーンでノーブルな雰囲気に。足元はブーツ。肌を露出して寛ぐよりも、ストイックに引き締めた装いで、夜の色気を表現しています」

ナイトライフにも抵抗なくスーツを投入する経験値の高さが、銀座を遊ぶ男には必要なのだ。

THE CLOAKROOM TOKYO
DATA:東京都中央区銀座7-10-5 ランディック第3銀座ビル5階 TEL:03-6263-9976 (営)12時30分~19時(予約制) (休)月曜 https://thecloakroom.jp/

撮影/黒沼 諭(aosora)、渡辺修身、江原英二(astro)、長尾真志〈取材〉、若林武志〈静物〉、小澤達也〈取材〉、荒金篤史〈取材〉、久保田彩子〈静物〉、武蔵俊介〈静物〉 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/ MASAYUKI(The VOICE)、勝間亮平(masculine) 文/秦 大輔、吉田 巌、藤村 岳 取材・文/小曽根広光、伊澤一臣 イラスト/千野エー

MEN'S EX

[MEN’S EX 2019年5月号の記事を再構成]

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash