マネー研究所

学んでお得

交通系ICカードでポイント獲得 賢い人の使い方

NIKKEIプラス1

2019/4/25

SAPICAのポイントはチャージ不要で札幌市営地下鉄の運賃の支払いなどに使える

4月から新天地で、通勤や通学のために交通系ICカードを利用し始めた人も多いだろう。ICカードを利用して乗車するだけで、ポイントがたまる鉄道事業者が増えている。お得なため方や使い方を調べてみた。

■定期券区間以外でポイント

「1年間で500ポイント以上もたまるのか」――。都内在住の40代の会社員の男性Aさんは3月末、東京メトロのポイント「メトポ」の残高をネットで照会したところ、1028ポイントになっているのを知って驚いた。確かにAさんはプライベートでよく東京メトロに乗るが、「入会キャンペーンで得た500ポイントを除いても、思っていた以上のペースでたまる」とAさん。

メトポは10ポイント=10円単位で、PASMO(パスモ)にチャージできる。大手銀行の1年物の円定期預金の金利は年0.01%(税引き前)。500円の利息を得るには500万円預金する必要があるが、Aさんは地下鉄に乗るだけで、520円分得した。

ICカードでの乗車を促すため、ポイント制度を導入している鉄道事業者は全国にある。所定のICカードで原則、定期券区間以外を乗車するとポイントがたまる。

■電子マネーの支払いでもたまる

乗車回数や月の利用金額に応じてポイントがたまるなど、付与の仕方は様々だ。土日祝日に乗車したり月の利用金額が一定以上になったりすると、さらにポイントを上乗せする事業者もある。

西日本鉄道などのnimoca(ニモカ)ポイントのように、九州地方の鉄道・バスだけでなく、函館市電や函館バスなど、複数の交通手段でたまるポイントもある。また、ICOCA(イコカ)ポイントは乗車だけでなく、一部のイコカ加盟店で電子マネーで支払ったときにもたまる。

どの小売店で買い物をすれば、日ごろ利用する交通手段のICカードにポイントがたまるのかを確認しておけば、効率よくためられそうだ。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL