MONO TRENDY

パラビジネスSelect

光を反射する飴、料理にプロジェクションマッピング

2019/4/24

Paravi

食べられる反射材が誕生しました。

自転車などについている反射材は物がどこを向いているか、どこに置いてあるかなどの目印としてよく使われています。

砂糖の仲間「還元イソマルツロース」を熱して固めてつくった反射材

この反射材の材料は、一般に売られている砂糖の仲間「還元イソマルツロース」を熱して固めたもので、要するに「飴(あめ)」です。

例えば、ケーキ上に飴を載せ、特殊なカメラ付き映写機の下に置くと、カメラが飴のキラキラを認識します。するとパンケーキを動かしても追いかけながら映像を映します。

これまでも皿の上にプロジェクションマッピングを投影する飲食店はありましたが、基本的に皿は動かせませんでした。しかし、これは手に持った皿の上に映像を投影できる新技術です。

反射材をのせたパンケーキを動かしても、追いかけながら映像を映す

開発者の群馬大学理工学部の奥寛雅准教授は「たとえばレストランやテーマパークなどのカフェテリアで、買った食べ物の上にキャラクターが出てきてくれて一緒にやりとりできるような新しいサービスを生み出すことができるのではないかと思う」と今後の展開を話しました。

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年3月11日放送)の内容を配信用に再構成したものです。(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2019年4月5日付記事を再構成]

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL