合羽橋「台所番長」が斬る パン切り包丁の逸品5選合羽橋の台所番長が斬る! いまどきの料理道具を徹底比較

日経トレンディネット

合羽橋の老舗料理道具店、飯田屋の6代目、飯田結太氏。今回は高級パン切り包丁を徹底検証する
合羽橋の老舗料理道具店、飯田屋の6代目、飯田結太氏。今回は高級パン切り包丁を徹底検証する

合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏がイマドキの調理道具を徹底比較。今回は、最近のパンブームで種類が豊富になったパン切り包丁を取り上げる。なかでも高価格帯で人気の5本を比較検証した。

◇  ◇  ◇

こんにちは、飯田結太です。日本ではいろいろな種類のパンを買えます。ドイツのハードブレッドから柔らかい食パンまで、世界中のパンが食べられるのは世界でもそうないのではないでしょうか。また、ホームベーカリーなども人気で、自宅でパンを作る人も増えています。そんなパンの人気を受けてパン切り包丁も種類豊富になりました。パン切り包丁は2000円前後で入手できるものが一般的ですが、今回は、個性的で、高額なのに人気がある5本を比較検証します。

波刃の粗さの違いと平刃がポイント

パン切り包丁の特徴は、刃渡りが長く、刃はギザギザの波刃。最近は、波刃と通常の包丁と同じ平刃を組み合わせたタイプが増加中です。さらに、波刃の粗さを先端とアゴの部分で変えているタイプもあります。これらは、パンに刃を入れるときの入れやすさと、押したり引いたりして切っていく、パン特有の切り方をスムーズにするための形状。面白いのは、この刃の組み合わせ方が各社まったく違うこと。特に個性的な5本を紹介します。

デザイン雑誌から火がついた包丁

庖丁工房タダフサ「パン切り」(税別9500円)

男性向けの雑誌で紹介され、瞬く間にヒット商品となった、庖丁工房タダフサの「パン切り」。一時は入手困難になったほどでした。庖丁工房タダフサは、もともと業務用の包丁メーカー。それまで波刃だけのものが主流だったパン切り包丁に、平刃を加えて作り上げ、話題になりました。持ち手は栗の木を使用するなど高級感もあり、高級パン切り包丁のさきがけ的存在です。

刃の先端だけが波刃で、刃のアゴにかけて平刃になっているのが特徴

料理にこだわるセミプロ仕様

吉田金属工業「GLOBAL-IST-04」(税別9000円)

ヨーロッパで人気が出て、日本で知られるようになった包丁メーカー、吉田金属工業。同社の「GLOBAL-IST」シリーズは、数ある同社の商品のなかで、プロではない、料理にこだわりたい人のために作ったシリーズで、そのパン切り包丁は、一般的には片刃で作られるパン切り包丁を両刃の波刃で作ったユニークな商品。しかも手作業で1本ずつ研いでいるこだわりよう。両刃にすることで、斜めに傾きがちな切り口がまっすぐになるのが特徴。また、ほかの4本に比べて刃渡りが短めです。

両刃の波刃という珍しいタイプ

アウトドアの定番、ロングセラー

ビクトリノックス「ブレッドナイフSP」(税別4800円)

ナイフといえばビクトリノックスと代名詞になっているほどのスイスの老舗メーカー。柄がプラスチック製なので、ほかの4本に比べると高級感は薄れるのですが、切れ味は確かなもの。特徴は緩やかな波刃。

緩やかな波刃

ユニークなデザインで話題

アーネスト「つばめのパンナイフ」(税別5000円)

包丁は、一般家庭用と業務用で形が異なることが多いのですが、アーネストのパン切り包丁「つばめのパンナイフ」は、業務用ではよく見られる柄と刃が平行ではないデザインを採用し話題になりました。

この形状には大きな意味があります。刃の部分が持ち手よりも下の位置にあるため、まな板に食材を載せて切るときに柄を握った手が当たらずにスムーズに切っていくことができるのです。1日のうちに数え切れないほど包丁を使う業務用ならではのアイデアです。

先端とアゴの部分にだけ波刃がある。美しい鏡面仕上げ

さらに面白いのは、波刃が先端とアゴ部分だけで、真ん中は平刃になっていること。これは、パンの切り方を調査してできた形。パンに先端から入れて切り始める人、アゴ部分からパンに入れて切る人がいることから、両方に波刃をつけたのだそうです。

3種類の刃と山形デザイン

サンクラフト「せせらぎ」(税別5000円)

サンクラフトのパン切り包丁「せせらぎ」は、小さな波刃と粗刃、平刃の3種類の刃を持つ包丁。刃全体の形状が緩やかな丘のように中心がわずかに盛り上がっているのが特徴。角度がついていることで、引き切りも押し切りも力をさほど入れずにスムーズにできるのです。さらに、先端の平刃が鋭く研いであるところも珍しい。

刃の先端は平刃、次に粗い波刃、そして小さな波刃の3種類からなっている

次のページからいよいよ検証です。まずはソフトブレッドの切れ味から。

MONO TRENDY連載記事一覧