ヘルスUP

健康づくり

便が細い、硬い… 腸の老化度をチェックリストで確認

日経おとなのOFF

2019/4/24

やってはいけないことの一つが、冷たい飲み物をがぶ飲みするなどして腸を冷やすこと。体を冷やすと交感神経が優位になり、副交感神経優位のときに働く腸の動きが鈍くなる。その結果、便秘が悪化するのだ。

便秘解消には食物繊維とばかりに、玄米などの不溶性食物繊維をとり過ぎるのも要注意。「便秘が悪化する人がよくいます」

ところで、便秘が解消できないときには下剤を服用すればいいのだろうか。松生さんはその点に注意を促す。「長年下剤を服用すると、腸管運動が障害され、便意が消失してしまうケースもあります。安易に下剤に頼らず、食生活を改善することを心がけましょう」

次回記事では、腸の老化を防ぐ食物と栄養素について解説する。

(文 柳本操)

松生恒夫さん
松生クリニック院長。医学博士。東京慈恵会医科大学卒業。同大学第三病院内科助手、松島病院大腸肛門病センター診療部長を経て、2004年1月から現職。日本内科学会認定医。『「腸の老化」を止める食事術』(青春出版社)など著書多数。

[日経おとなのOFF2018年11月号記事を再構成]

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL