マネー研究所

日経TRENDY 特集セレクト

チケットレスやフリー切符 JRはネット予約でお得に

日経トレンディ

2019/5/8

東海道・山陽新幹線では、頻繁に利用するビジネスパーソンを中心に有料制のインターネット予約サービス「エクスプレス予約」が浸透。17年から年会費のないチケットレスサービス「スマートEX」も始まり、レジャーなどでたまにしか新幹線を使わない層の開拓も進められている。さらに、この2つのサービスを利用した場合に限って、旅先で割安なフリー切符が利用できる特典を拡充。この4月からは「奈良満喫フリーきっぷ」「せとうち岡山・香川パス」などが追加された。

京都駅・新大阪駅までの利用で買える奈良満喫フリーきっぷは、大阪・京都・奈良にまたがる広範囲がフリーエリア。JR線だけでなく近鉄線と奈良交通バスも利用できる。

驚きなのはその料金。3日間乗り放題で3200円で済む。大阪・京都・奈良・飛鳥・吉野といった主要な観光地をこの1枚で回れるので破格と言っていいだろう。

岡山駅までの利用で買えるせとうち岡山・香川パスは、岡山から香川県へのJR線と、小豆島への路線バス・フェリーが3日間利用でき、2800円。岡山駅と小豆島を往復するだけで元が取れる。

地方から東京に行く人なら、熱海駅以西から東京駅・品川駅までの利用で購入できる地下鉄の乗り放題チケットが便利。主に訪日外国人向けに販売されていたもので、通常の1日乗車券(24時間券)より割安だ。

いずれのチケットもネット上で予約や購入はできず、新幹線で現地に着いた後、指定の窓口で購入する仕組み。その際、ネット予約を利用したことがわかる「EXご利用票」(切符に引き換えた場合は「ご利用票」)を提示する必要がある。

■まとめ:旅先での特典を確認、割安な切符をセットで使う

新幹線や在来線の特急列車をネット予約すれば、それだけで得になる。ただし、目的地で使える割安な切符が現地で買えることは、予約画面では告知されていない。ウェブサイトの「旅先での特典」ページなどで必ずチェックしておきたい。

(注)記載の料金や割引額はすべて税込みで、大人1人のもの

(日経クロストレンド 佐藤嘉彦)

[日経トレンディ2019年5月号の記事を再構成]

日経トレンディ 2019年 6 月号

著者 : 日経トレンディ編集部
出版 : 日経BP社
価格 : 670円 (税込み)


マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL