10連休、高速渋滞は分散傾向 4月27~29日に注意編集委員 小林明

2019年のGWは10連休となる人が多く、高速道路の渋滞は分散しそうだ

4月27日から待望のゴールデンウイーク(GW)が始まる。今年は改元に伴い、27日から5月6日までの10連休と長期休暇になるのが特徴。行楽や帰省などで国内の高速道路を利用する場合、どんな点に注意したらよいのだろうか? 高速道路各社(東日本、中日本、西日本、本州四国連絡高速道路など)の予測を踏まえ、2019年の「傾向と対策」を探ってみた。

移動の選択肢増え、ピーク時の回数は減少

まず全体の動向をつかんでおこう。

今年は昭和の日(4月29日)、憲法記念日(5月3日)、みどりの日(5月4日)、こどもの日(5月5日)に加えて、皇太子さまが新天皇として即位される5月1日が1年限りの祝日となるほか、祝日に挟まれた前後の4月30日と5月2日も休日になり、10連休を取れる人が多いようだ。

「通常は平日を挟んだ前半と後半の連休に分かれてしまうが、今年は移動日の選択肢が増えるので、特に長い高速渋滞がやや分散する傾向がある」(東日本高速道路)と分析する。全国の高速道路の予測段階の10キロ以上の渋滞発生回数をみると、下り線のピークは5月3日(37回)、上り線のピークは5月4.5日(ともに43回)。昨年の予測段階である下り線のピーク5月3日(62回)、上り線のピーク5月5日(51回)をそれぞれ大きく下回った。

長期休暇を生かすため、出発日は早まる傾向に

ただ連休序盤に限ると、予測段階の渋滞回数は昨年より増える傾向もある。「なるべく長期の休みを生かすため、移動の出発日を早める利用者が増えると予測している」(中日本高速道路)からだ。このため、今年は下り線の4月27~28日、上り線の4月27~29日に移動するのも注意した方がよいだろう。もし可能なら、10連休の中盤に移動すると、深刻な渋滞を避ける可能性が高まることになる。

エンタメ!連載記事一覧