激安スポーツ用品ずらり 仏発「デカトロン」の正体

スタッフはスポーツに熱意を持ち、働きがいのある企業としても知られている(C) Decathlon/Life Views

世界51カ国に約1500店。売上高1兆3000億円超(2018年度)の巨人が3月末に日本に上陸した。フランス発で世界最大のスポーツ用品店「デカトロン(Decathlon)」だ。激安かつ高機能、多種多様な品ぞろえで世界を席巻する黒船の正体を探った。

ケシュアなどPBにファン

関西の「住みたい街」として人気の西宮北口(兵庫県西宮市)。街の顔である商業施設「阪急西宮ガーデンズ」に3月29日、デカトロンの日本1号店がオープンした。

デカトロンは1976年、フランス北部のリールで創業した。社名は五輪種目の一つである十種競技にちなんだもの。90年代以降、競技ごとにオリジナルブランドを次々と立ち上げ、製造・販売するビジネスモデルで急成長を遂げた。

自社開発ブランド(PB)が店内を埋め尽くす。デカトロン以上に、個々のブランド名のほうが知られている。

例えば、登山、ハイキング、キャンプなどのアウトドア用品は「QUECHUA(ケシュア)」、陸上、ランニング用品は「KALENJI(カレンジ)」として展開。特にケシュアは、アウトドア好きの間で有名なブランドだ。

ロードバイクやサイクリングは「B’TWIN(ビトウィン)」、ウオータースポーツは「TRIBORD(トリボード)」と細分化している。17年にはトリボードから枝分かれし、ダイビングに特化した「SUBEA(スベア)」が誕生した。どのブランドもイノベーションに力を入れている。

QUECHUA(ケシュア)ブランドを代表する最短2秒で立ち上がるポップアップテント
SUBEA(スベア)のフルフェースシュノーケリングマスク

例えば05年の発売以来、ケシュアの代名詞となったポップアップテント「2 SECONDS(ツーセカンズ)」は、バックルを外すだけで、最短2秒でテントが立ち上がる。スベアのフルフェースマスク「Easybreath(イージーブレス)」は180度視界が開ける曇り止めレンズを顔全体に装着することで、自然な鼻呼吸でのシュノーケリングを実現した。

MONO TRENDY連載記事一覧