WOMAN SMART

グッズ・サービス

夢や習慣を書き留め一歩踏み出す 新生活ノート3選 今旬ときめきステーショナリー

2019/4/26

新生活におすすめのノート3選

春からの新生活が始まり、仕事だけでなくライフスタイルでも新しいことにチャレンジしようと考えている方も多いのではないでしょうか? 生活の中で読書や運動など新たな習慣を記入したり、自分の目標ややりたいことをまとめたりするのに役立つ「新しいことを始めるのにぴったりなノート」を紹介します。

■新しく「習慣」にしたいことを日々記録するノート

2018年から「バレットジャーナル」というノートとペンだけで始められる手帳術が女性を中心に人気を博しています。バレットジャーナルとは、ニューヨーク在住のライダー・キャロルさんが考案した手帳術。スケジュール管理や日記、TODOなどを全て1冊のノートに箇条書きで記録していくというやり方です。そんなバレットジャーナルの機能のひとつに「ハビットトラッカー」というフォーマットがあります。HABITは「習慣」、TRACKERは「追跡者」を意味し、自分の習慣を書き留め、毎日実践できているかを確認するチェックリストの役割を果たします。

写真左からピンク・青緑

その「ハビットトラッカー」に特化したのが、ミドリの「ハビットトラッカー」です。習慣を書き込むことに特化したコンパクトサイズで、例えば「読書をする」「ストレッチをする」「半身浴をする」といった習慣化したいことをリストアップして、できたかどうかを毎日記録することができます。表紙のカラーはピンクと青緑の2色で、値段は各860円(税抜き)。サイズは縦151×横93mmと片手で持てるサイズ感になっています。

ハビットトラッカーの使い方ページ

ページの冒頭には「ハビットトラッカー」の使い方や、飾り文字やイラストの描き方のサンプルページが入っています。「ハビットトラッカー」の初心者でも使い方がイメージしやすい工夫が施されています。

見開きで4つの内容を書き込めます

基本的なフォーマットはこちらです。見開きで4つの習慣にしたい目標を書き込めます。例えば「朝1杯の水を飲む」や「ニュースを読む」など習慣にしたい目標を記入し、目標を達成した日に数字を塗りつぶしていくというものです。

習慣にしたいことを書きます

ここからは実際に使っていきます。フォーマットに沿って実施する「月」を帯に書きます。次に、習慣にしたいことを「Goal」と書かれたケイ線部分に書きます。

目標を達成した日付をペンで塗ります

今回は目標を「本を読む習慣をつける」にしました。目標を達成したら、日付が書かれたブロックを1マス塗ります。塗り方は自由なので、マス目をカラーペンで塗ったり、丸の形にマークしたり自由にアレンジすることができます。1日の最後や目標を達成したタイミングでマス目を塗るだけなので、簡単に楽しく習慣の記録ができます。

完成したものがこちら

1カ月行ったものがこちらです。マスの色が増えていくことで視覚的に達成感を味わえます。月末には、目標ごとのまとめや1カ月の感想を書き留めるスペースがあるので、習慣が身についたか振り返りができます。目標を書いて毎日チェックするだけなので、誰でも簡単に楽しみながら続けられます。新生活で新しく何かを始めたい方にぴったりな1冊です。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL