夢や習慣を書き留め一歩踏み出す 新生活ノート3選今旬ときめきステーショナリー

目標をかなえる、仕事と目標を毎日記録できるノート

今「スタディープランナー」という韓国で生まれた毎日の勉強を記録する勉強術が流行しています。バーチカルのフォーマットに何時間勉強したか進捗を記入していく方法ですが、そのやり方をベースに大人向けでも使えるフォーマットに改良されたのが、LABCLIP「ミーツプランナー」というノートです。目標を立てその目標に向かって何をすべきかというコンテンツが充実している画期的なノートです。

カラーは4色

LABCLIP「ミーツプランナー デイリー」は、2カ月間使えるノートです。カラーはブルーミングフラワー・アイスミント・ポッピングドット・シュガーブラッシュの4色で中のケイ線や枠のデザインとカラーがそれぞれ表紙ごとに異なります。値段は各800円(税抜き)で、縦160×横92mmと持ち運びに便利なサイズのリングノートになっています。

ウィッシュリスト

ページは全部で6種類のフォーマットに分かれています。まずは見開きで「ウィッシュリスト」のページがあります。このページで、なりたい自分の目標を4つのカテゴリに分けて記入することができます。

ハビットトラッカー

毎日やることを習慣化する「ハビットトラッカー」のページが3カ月分あります。左にやりたい目標やタスクを書きだし、できたらマス目に色を塗って使います。横軸で1カ月を表しているので1カ月の達成度が一目で分かりやすいのが特徴です。

マンスリープラン

カレンダーのフォーマットの「マンスリープラン」が3カ月分あります。フリーで記入できるマンスリーなので、好きな月の日付を記入して使います。デイリーに対し、マンスリーがひと月分多くついているので、月途中からでも気兼ねなく始められます。

デイリープランナー

見開きで1日の予定を管理できる「デイリープランナー」が2カ月分。毎日のやることやログを記入していきます。ノートの最後には「方眼ノート」と目標を達成したかどうか振り返りができる「レビュー」ページがついています。

「ウィッシュリスト」に目標を記入

それでは実際に使っていきます。まずは「ウィッシュリスト」に自分の目標を記入していきます。ここは仕事だけでなく、生活や美容、健康にお金など4つのカテゴリに分けて自由に目標を設定することができます。右のページには具体的に実践することや、期限、重要度などを記入できます。この目標に合わせて「ハビットトラッカー」と「マンスリープラン」は自由に組み合わせて使うことができます。

デイリーページにやったことや達成度を記録

2カ月分の「デイリープランナー」ページが付いているので、毎日の進捗はここで管理していきます。左ページには5時~24時まで記入できるバーチカルの時間軸とタスク、右ページにはその日のログと各目標の進捗管理とノートページがついています。「ウィッシュリスト」に記入した4つの目標の進捗ができるので、毎日の達成度に落とし込むことができます。手帳感覚で使えるノートなので、今使っている手帳をさらに詳しく記入したい、目標と仕事を同時に管理したいという方におすすめです。

注目記事
次のページ
夢ややりたいことを書きだすブランドノート