マネー研究所

人生を変えるマネーハック

結婚・子・家はどうする 入社3年目に考える人生設計 「入社3年目の春」をマネーハック(3)

2019/4/15

こうしたお金の問題は、子育て費用だけではありません。住宅費用、すなわち「どこで暮らすか」「いつ家を買うか」「いくらの家を買うか」などでもまったく変わってきます。

また、結婚相手とあなたが共働き正社員であるか、片働き(夫か妻の一方だけが働いている夫婦)であるかによっても、マネープランは様変わりします。

あなたの人生(とお金のこれから)はほとんど未確定です。でも、ちょっとだけでいいので自分の未来を考えてみてください。

■「多様性」の時代こそ「自分はどうする」が大事に

団塊世代までは「結婚して男は一人前」とか「女は結婚したら家庭に入るもの」というような因習が私たちを縛っていました。しかし、レールに乗ってしまえばラクなライフプランだったともいえます。

しかし、今は多様性が認められる社会になっています。多様性が認められたということは、周囲がライフプランにお節介を焼かなくなるということでもあります。結婚したいなら自分で相手を探したり、家を買いたいなら自分で情報収集をしたりしなければなりません。

そして、結婚を希望していない「おひとりさま」などの生き方を貫きたい人は、そのライフスタイルで困らないような経済的備えを自分で考えていかなければならないのです。

これから自分の人生をつかみとっていく25歳の皆さんは、ぜひ未来のイメージを考えてみましょう。漠然としていてもかまいません。

少しでも想像してみた人は、まったく想像していない人に比べれば「お金をためようか!」という気分を持てるはずです。そうした想像をすることが、実はライフプランニング、マネープランの入り口なのです。

マネーハックとは ハックは「術」の意味で、「マネー」と「ライフハック」を合わせた造語。ライフハックはIT(情報技術)スキルを使って仕事を効率よくこなすちょっとしたコツを指し、2004年に米国のテクニカルライターが考案した言葉とされる。マネーハックはライフハックの手法を、マネーの世界に応用して人生を豊かにしようというノウハウや知恵のこと。
山崎俊輔
フィナンシャル・ウィズダム代表。AFP、消費生活アドバイザー。1972年生まれ。中央大学法学部卒。企業年金研究所、FP総研を経て独立。退職金・企業年金制度と投資教育が専門。著書に「読んだら必ず『もっと早く教えてくれよ』と叫ぶお金の増やし方」(日経BP)、「共働き夫婦 お金の教科書」(プレジデント社)など。http://financialwisdom.jp
2019日経マネー アンケート調査

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL