休日の大人カジュアル 上下そろえ「ゆるく」着こなすEDIFICE LA BOUCLE NEWoMan新宿店 石井脩嗣さん

――小物はどの程度プラスすべきでしょうか。

「小物はほどほどに。平日使っているようなシンプルな時計でなく、アクセントになるようなものを一点入れてあげるだけでいいと思います。あまりゴテゴテするのも良くないですし。大人のセットアップって、そういうものかなと」

ジャケット2万8080円(ラブークル)、ボトムス1万9440円(ラブークル)、トップス9720円(イートウツ)、スニーカー2万4624円(リプロダクションオブファウンド)

■TPOに合わせ比率を変える Tシャツはタックイン

――着こなしのポイントはどこにありますか?

「まずTシャツは軽くタックインしてあげましょう。ゆるいセットアップだとズドーンと下に間延びしてるように見えてしまうんですよ。だから見える面積を調整してあげる。ただキッチリ入れるんじゃなくて、インしたら少し引き出してあげること。ふわっとするのでコーディネートにリラックス感を与えてくれます」

Tシャツは軽くタックインして、少し引き出してあげるとリラックス感がでる

――ボトムスはドローコードの付いたイージーパンツ仕様ですね。もしベルトをする場合、タックインしたほうがいいのでしょうか。

「ベルトレスでタックインするほうがいいかなと。ベルトって、もともとはミリタリーがルーツにあるのでどうしてもカチッと見えてしまうんです。だから休日はベルトレスでタックイン。軽さを出してカジュアルな着こなしを楽しみましょう」

――ちなみにミントグリーンを選んだ理由はありますか。

「いま着ているセットアップはウールサッカー地です。大げさに言うと、浴衣などにも使われるような絣(かすり)っぽい生地なんですよね。ちょっと和を感じさせる。つまり同じく和を感じさせるミントグリーンも相性がいい。真夏に着てても暑苦しくない色ですし、パステルカラーの中から選ぶならこれかなと」

――そこまでこだわりますか。プロならではの遊び心ですね。ちなみにセットアップを着る場合のポリシーやこだわりはありますか。

「TPOに合わせたドレスとカジュアルの割合を大事にしています。例えば、ちょっといいディナーに行く時はドレスの割合を上げる。このセットアップなら革靴、インナーはバンドカラーのシャツに変えます。その逆もしかり。昼間からビールを飲むようなら今みたいなカットソーとスニーカーですかね。割合で言うと、ドレス:カジュアル=3:7でしょうか。セットアップは上下が決まっているので、残された選択肢の中でうまく正解をチョイスしたいですね」

※表示価格は税込み。

文:FACY編集部 溝口駿介(https://facy.jp/) 写真:加藤潤

「プロのコーデ」記事一覧

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash