MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

世代超えて広がるゲーミングPC 対戦も交流も魅力 ゲーミングPC最前線/人気ブランド「ALIENWARE」責任者に聞く

2019/4/22

デルのゲーミングブランドを統括するフランク・エイゾール氏にゲーミングPCが人気の理由を聞いた

日本でも人気を高めているゲーミングPC。中でもゲーマーたちの人気を集めているブランドが「ALIENWARE(エイリアンウエア)」だ。1996年に設立され、現在はデルのプレミアムゲーミングパソコンブランドとして高性能なゲーミングPCを発売している。同社のバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーを務めるフランク・エイゾール氏にゲーミングPCが人気の理由、そしてゲーミングPCを生かしたeスポーツの可能性について話を聞いた。

■ネットがゲームファンをつなげた

――最近、日本でもパソコンをプラットフォームにしたゲームを楽しむ人が増えています。パソコンゲームが世界的に流行している理由は?

昔からゲームファンやSFファンはいました。でも、仲間を見つけるのはむずかしかったんです。インターネットがそういう人たちをつなげたことで、コミュニティーができ、イベントが生まれました。数十人という単位から始まったイベントも、今では「東京ゲームショウ」や(ゲーム展示会の)「E3」のように数万人が参加する規模に成長しています。その影響力に企業も注目し、参入するようになりました。

そういう意味で、パソコンゲーム市場がここまで大きくなった理由は、やはりインターネットにあると思います。

パソコンは他のゲーム機と比べると多くのコンテンツがあるので、パソコンから他のゲーム機に影響が広がることが多いんです。eスポーツや無料MMORPG(MMORPGはMassively Multiplayer Online Role-Playing Gameの略。オンラインを通じて複数のユーザーが同じ世界で遊べるロールプレイングゲームのこと)、アーリーアクセス(正式リリース前にゲームを遊べる方式。ユーザーはいち早くゲームが楽しめ、開発者はそこから得た資金を開発に回すことができる)など、多くのイノベーションがパソコンから生まれました。

ユーザーにとっては「遊びたいゲーム機」よりも先に「遊びたいゲーム」があるんです。そのゲームを遊ぶために必要なゲーム機を選ぶことになる。そういう意味で、コンテンツの多いパソコンはゲームにとって重要なプラットフォームだと思います。

もう一つ、ゲームプラットフォームとしてのパソコンの長所は、勉強や仕事のために買ったパソコンでもゲームができるという点です。仕事がメインでたまにゲームをする程度だった人が、気づいたらゲーマーになり、今度はゲームが快適にできて仕事もできるパソコンがほしくなる。そんなプライオリティー(優先順位)の逆転が起きるのもパソコンならではでしょう。

勉強や仕事のために買ったパソコンでもゲームができる。それが他のプラットフォームと異なる、パソコンの長所だとエイゾール氏はいう

■需要が増えユーザー層が広がる

――ALIENWAREの購入者はどんな人たちですか?

設立当時のユーザーは20代後半から30代後半の男性がほとんどでした。当時のパソコンはとても高かったので、それを買えるのがこのユーザー層だったんです。

でも最近は需要が増えていると実感しています。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
花王ビオレ「LOHACO限定デザイン」で3倍も売れた
日経クロストレンド
KDDI社長が先読み 5G時代はリカーリングが全盛
日経クロストレンド
変な名前の高級食パン店が増殖中 仕掛け人の狙いと
日経クロストレンド
楽天OBがアットコスメでバカ売れ施策 その内容とは
ALL CHANNEL