powered by 大人のレストランガイド

ずっと食べられる「無限レシピ」 塩加減には注意して魅惑のソルトワールド(28)

果てしなく食べられると感じてしまう「無限ピーマン」
果てしなく食べられると感じてしまう「無限ピーマン」

2017年に大ブームを巻き起こした「無限ピーマン」という料理をご存じだろうか。16年ごろからツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどの交流サイト(SNS)に投稿され始め、じわじわと広がった後、大手レシピサイトなどにも多数投稿されてブレークしたレシピである。

このメニュー名につけられている「無限」は「おかずそのものがいつまでも食べ続けられるほどおいしい」または「ごはんが何杯でも食べられるほどおいしいおかず」という2つの意味があるようだ。

レシピそのものは材料も調理法も非常にシンプルだ。使われる材料はピーマンに留まらず、トマト、キャベツ、セロリ、キュウリ、ニンジン、モヤシ、レンコン、ナス、ハクサイ、ブロッコリー、カボチャ、ホウレンソウなど、ありとあらゆる野菜のほか、キノコ類やワカメなどの海藻類、厚揚げや豆腐など大豆製品に至るまで多岐に派生している。現在でもレシピサイトに多く投稿されて人気を博しており、17年には本も出版された。

この無限レシピを調べていくと、ある共通点に突き当たる。それは、「無限●●」という名前がついているレシピのほとんどが「塩分と油分(または脂肪分)とうまみ(または甘味)の組み合わせ」であることだ。そして、調理の材料は少なく、調理工程も非常にシンプルであること、この2点である。

例えば、ブームのきっかけとなった「無限ピーマン」の作り方は、ツナ缶1缶に、ピーマン3個、そこに鶏ガラスープの素と塩、ブラックペッパーを少々入れて、ごま油大さじ1程度を加えて混ぜて、電子レンジで2分ほど加熱し、最後にいり白ゴマを混ぜるだけだ。なんとシンプルなのだろうか。「材料を食べやすい大きさに切って、ツナ缶と油と塩と混ぜて電子レンジで加熱するだけ」という手軽さなのである。材料も特別なものではなく、大体家庭に常備されているような一般的なものである。そして、その組み合わせは、「ツナ缶=塩分、油分、うまみ」、「塩=塩分」「ごま油=油分」「鶏ガラスープ=塩分、うまみ」であり、要約すると「塩分、油分、うまみ」なのである。また、多くの「無限●●」のレシピでごま油が多用されているところを見ると、香りをプラスするというのも一つの要素であると言える。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド