足元・襟元・手元 3つの気配りでスーツ姿格上げ

MEN’S EX

2019/4/12
MEN'S EX

お洒落は足元からと言われるが、襟元や手元なども、小物使いによって装いの印象は大きく変わる。 いつもの着こなしにひと工夫を加えることが、装いの洒落感と鮮度アップにつながるのだ。




【 足元への気配り 】

モダンさ薫る英国調スーツはシングルモンクの輝きをひと挿し

紐靴よりもドレッシーな足元を演出できるモンクストラップ靴。控えめにアクセントを加えるならシングルモンクが最適だ。シンプルな一条のストラップが、程よい存在感を放ってくれる。これなら、クラシックな英国スーツも一気にモダンに見える。

■SANTONI/サントーニ

丸みのあるトウの黒カーフが足元に色気を誘う

イタリアを代表するマルケの艶靴、サントーニ。定番ラスト「カーター」は、艶感のあるロングノーズに英国靴らしいラウンドトウが魅力だ。ビッグバックルもエッジの効いた足元を演出する。 13万8000円(リエート)

スーツ19万円/カルーゾ(トゥモローランド) シャツ5000円/麻布ザ カスタムシャツ、タイ1万円/麻布テーラー(以上麻布テーラープレスルーム) 鞄4万4000円/フルラ(フルラ ジャパン)

控え目に一点バックルの輝きをアクセントに

1. CHURCH’S/チャーチ

リラックス感も漂うネイビーのラウンドトウ

チャーチオリジナルのポリッシュトバインダーカーフを使った重厚でクラシックなモンクストラップ「ベイクリフ」。大きく張り出したコバの武骨な作りが魅力のラスト103を採用。カジュアル使いにも好適だ。 8万3000円(チャーチ 表参道店)

2. JOHN LOBB/ジョン ロブ

モダンに楽しめるクラシックラインの名作

シンプルでプレーンなトウシェイプが引き立つラスト7000番を採用した「アシール」。パラジウム仕上げの小ぶりなバックルがシャープなフォルムに品よく馴染む。華奢に見えるが堅牢なグッドイヤーウエルト製法。 22万1000円(ジョンロブ ジャパン)

3. CARMINA/カルミーナ

チゼルトウで魅せる羽根付きストラップ

羽根の上からストラップが掛かるデザインが甲のホールド感を向上させる。サイドウォールの立ち上がりが効いたセミスクエアトウは別注ラスト「クスティチュ」。堅牢なグッドイヤーウェルト製法も魅力。 7万3000円(トレーディングポスト 青山本店)

4. ORIENTAL /オリエンタル

手頃な価格で楽しめる国内ブランドの艶靴

1957年に奈良で設立したオリエンタルシューズのオリジナルブランド。英国の老舗タンナー、C.F.ステッドの黒スエード採用の新作。繊細な毛並みで色気が増す。グッドイヤーウエルト製法。 3万7000円(ワールド フットウェア ギャラリー 神宮前本店)

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019