マネー研究所

ポイント賢者への道

半端な数のポイント 無駄にしない方法は ポイント賢者への道(108)

NIKKEIプラス1

2019/4/10

写真はイメージ=PIXTA

クレジットカードの利用などでためたポイントは、有効期限などを考えて、早めにこまめに使うのがお勧めです。dポイントやTポイントといった共通ポイントは1ポイント単位で交換可能なのでこまめな利用に向いています。ただし中にはポイント数が一定に達しないと交換できない仕組みを採るケースもあります。そんな場合でもポイントを無駄にしない方法を考えます。

例えばJCBのOki Dokiポイントは通常200ポイント以上で交換可能となり、それに満たないと無駄になりかねません。しかし例外があります。通販サイトのAmazonでは1ポイント単位で使えるからです。注文時にJCBカードでの支払いを指定すると金額の入力が可能になります。1ポイント=3.5円相当なので、画面に例えば7円と入力すると2ポイントを消費できます。

ANAのマイレージサービスでは、たまったマイルを特典航空券に交換するのに片道5000マイル以上必要です。国内線を年1回往復するくらいだと有効期限の3年以内に達するのは難しいでしょう。そんな場合、少ないマイルを活用する方法があるのでお勧めです。

まずANA SKYコインという電子クーポンがあり、航空券やANA旅行商品の支払時に10コイン(10円相当)単位で使えます。ANAのショッピングサイトで1マイル=1円として代金支払いに使うこともできます。もちろんマイルを使いたいあまり不要な物まで買うのは禁物です。端数分の交換レートは通常より条件が劣る場合が多いです。本当に欲しかった物の購入に利用するとよいでしょう。

JALのサービスの場合ははじめからマイルではなくて他社のポイントをためる方法があります。Pontaコースという選択肢があり、登録しておくと搭乗時にPontaポイントがたまるようになります。

菊地崇仁
北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、NTTに入社。社内システムやLモードの料金システムの開発などに携わり、2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。06年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。一般からプラチナまで、57枚のクレジットカードを所有。

[NIKKEIプラス1 2019年4月6日付]

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL