格闘人生 腹いっぱい 元プロレスラー天龍源一郎氏

(9)SWSの契約金は数億円 ファンのための新機軸に批判

SWS東京ドーム大会でハルク・ホーガンの必殺技を受ける(1991年12月12日)=東京スポーツ新聞社提供

(10)わずか2年でSWS解散 本当のプロレスに飢えWAR設立

WAR旗揚げ戦であいさつする(1992年7月14日、後楽園ホール)=東京スポーツ新聞社提供

(11)馬場・猪木破った誇りと「ミスタープロレス」への怒り

アントニオ猪木(左)にパワーボムを決める(1994年1月4日、東京ドーム)

(12)恩人・馬場さんの死 「ふるさと」全日への復帰決断

約10年ぶりに全日本プロレスのリングに上り馬場元子オーナー(右)と握手をかわす(2000年7月2日、後楽園ホール)=東京スポーツ新聞社提供

(13)求めた「ふるさと」 全日にもノアにもなかった

三沢光晴(右)のエルボースイシーダを受ける(2005年11月5日、日本武道館)=東京スポーツ新聞社提供

(14)天龍プロジェクト旗揚げ ケガで長期離脱の誤算と収穫

「天龍プロジェクト」旗揚げ戦で勝ち名乗りを上げる(2010年4月19日、新宿FACE)=東京スポーツ新聞社提供

(15)妻の大病で引退決断 「昭和のプロレス」で最後の一戦

引退試合でオカダ・カズチカ(右)にラリアートを決める(2015年11月15日、両国国技館)=東京スポーツ新聞社提供

(16)プロレスは伝承文化 技ひたすら受け、見えた世界

天龍は2015年まで現役を続けた=天龍プロジェクト提供
天龍源一郎
てんりゅう・げんいちろう 本名・嶋田源一郎。1963年、福井県の勝山市立北部中学2年のときに二所ノ関部屋入門。76年廃業し、全日本プロレス入団。90年SWS移籍、92年WAR設立、98年からフリー。2010年天龍プロジェクト設立、15年現役引退。

「仕事人秘録セレクション」記事一覧

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


商品企画・プロモーション・マーケティング基礎講座/日経ビジネススクール

マーケティングの基礎を学ぶ講座から、企画・戦略の立案に役立つ実践講座まで!

>> 講座一覧はこちら

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら