今月しのぐ家計は卒業 入社3年目ならためて使おう「入社3年目の春」をマネーハック(2)

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF

今月のマネーハックのテーマは「入社3年目の春」です。スムーズな進学であれば、誕生日を迎えたとき「あ、アラサーになっちゃったのか」と思う年齢です。その頃、どんなことを考える必要があるのでしょうか。内容のほとんどは25歳前後に限らず、新卒から30歳を迎えるまでに考えてみたいことです。

お金のやりくりで危ない橋を渡る生活は終わりに

社会人生活が2年目以降になると、毎月の給与と夏・冬のボーナスをもらいながら、日々の家計をやりくりして過ごすというサイクルに慣れてきたと思います。新卒社会人はまだ給与が少ないので、基本的には「収入=支出」を守ることができればOKです。とにかく「収入<支出」にならないようにしなくてはいけません。

とはいえ、何度か危ない橋を渡ってきた人もいるかもしれません。予想外の食事代が発生したり、終電を逃してタクシー代や素泊まりのホテル代を支払う羽目になったりして、残高不足で苦しんだり翌月以降のクレジットカードの引き落としで焦ったりしたこともあるでしょう。

親に頭を下げて一時的にしのぐ、リボ払いに変更して口座からの引き落としを先送りする、あるいは給料日前の1週間くらいをほとんど飲まず食わずで過ごす――。そうして何とかやりくりした経験はないでしょうか。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし