代官山の蔦屋にベンツの行列 本屋と車の意外な関係

Paravi

夜も明けきらぬ日曜の早朝、東京・代官山の道路脇に車が列をなしています。しかも並んでいる車両は全て高級車のメルセデス・ベンツ。いったい何が始まるというのでしょうか…。

東京・代官山の蔦屋書店駐車場にはメルセデス・ベンツがずらりと並ぶ

午前6時30分、車が次々と移動を始めました。彼らが行きついた先は「蔦屋書店駐車場」。集まった車両はざっと50台ほど。

実は、代官山・蔦屋書店が主催する「モーニングクルーズ」というイベントです。自動車に関するひとつのテーマに沿って、毎月第2日曜日の早朝にクルマ好きの人々が集い、親睦を深めているのです。開催に関する情報はフェイスブックで告知され、誰でも自由に参加することができます。

毎月第2日曜日の早朝にクルマ好きの人々が集い、親睦を深めている

今回のテーマは、1985年から1995年まで販売された「メルセデス・ベンツ初代Eクラス」。会場のいたるところに人の輪が生まれ、現在では入手困難な修理パーツの譲り合いや情報交換など、まさに老若男女クルマ好きならではの笑顔があふれています。

第1回から7年続いているこのイベント。これまで、特定車両以外にも生産国や車体の色、あるいはエンジン型式など、毎月趣向を凝らした様々なテーマで自動車ファンを魅了してきました。

蔦屋書店はイベントを含めて車に対するライフスタイルを提案する

なぜ書店が自動車イベントを手掛けるのでしょうか? 代官山蔦屋書店の清野龍太さんは「ここに来ていただいて書店を知ってもらう。あとは本を見てもらう。イベントを含めて車に対するライフスタイルを提案して、どうやって利益をだしていくか」と話します。蔦屋書店としては、こうしたイベントを通して本に興味を持ってもらいたいそうです。

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年2月22日放送)の内容を配信用に再構成したものです。(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2019年3月26日付記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧