WOMAN SMART

ライフスタイル

多部未華子 リラックマとの暮らし、意外にシュール 恋する映画 『リラックマとカオルさん』の声優熱演

2019/4/12

癒やし系クマのキャラクター「リラックマ」が、4月19日より配信がスタートするNetflixオリジナルシリーズのアニメ『リラックマとカオルさん』で帰ってくる。本作は全13話からなるリラックマ初のストップモーション・アニメ(コマ撮りアニメ)としても注目を集めている。カオルさんの声の役を務めた実力派女優の多部未華子さんに、作品づくりの裏側や共感したエピソード、初挑戦した「プレスコ」(映像よりも声を先に録音する手法)の感想などを聞いた。

◇  ◇  ◇

忙しい毎日を乗り切るために欠かせないものといえば、心がリラックスできる時間。そんなときにぴったりの癒やしを与えてくれるキャラクターの筆頭といえば、子どもから大人まで長年にわたって愛されているリラックマです。もともとリラックマは、「都内に住むアラサーOLのカオルさんの家に住み着いている」という設定。それゆえに、本作ではカオルさんとリラックマ、さらにコリラックマとキイロイトリとのちょっぴり奇妙な同居生活が描かれています。

Netflixオリジナルシリーズのアニメ『リラックマとカオルさん』

■全体的に刺さる部分が多い作品

――リラックマは2003年に登場して以来、国内外で高い人気を誇っています。リラックマに対して、どのような印象をお持ちでしたか。

多部未華子さん(以下、多部):もちろんリラックマのことは知っていましたが、背中にチャックがあることや、初めて知ることも多かったですね。「実は中におじさんが入っているらしい」という噂もあるみたいですが、意外とシュールな作品なんだなと思いました。

――リラックマは一見子ども向けのようですが、実際は大人の女性の方が共感度の高い作品。多部さんはカオルさんを演じてみてどのように感じましたか。

多部:私も共感するところがたくさんありました。例えば、会社の同僚から辛辣なことを言われたときに平然を装ってしまうところや、女友達と花見の約束をしたのにその友達に彼氏ができたから来られなくなったところなど、「わかる、わかる!」みたいな感じでした。

――多部さんもカオルさんのように女子会をされることはよくありますか。

多部:女子で集まることは多いですが、友達が妊婦さんだったり、子どもを旦那さんに預けていたりすることもあるので、最近は前よりも早めに集合をして早い時間に解散するようになりました(笑)。

――カオルさんというキャラクターは、ちょっとこじらせているようなところもありますが、ご自身にもそういう部分はありますか。

多部:ありますね。例えば、人とは違うポイントで悩みがちなところです。あまり考えなくてもいいところでリスクを考えてしまうので、「そこでそんなに悩むのだったら、この前はっきり結論を出していたこっちをもっと悩むべきなんじゃない」みたいなことはよく周りから言われますね(笑)。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL