powered by 大人のレストランガイド

1日の疲れ癒やす高級ピノ ハーフボトル6本飲み比べエンジョイ・ワイン(10)

紀ノ国屋と成城石井で購入したピノ・ノワール6本
紀ノ国屋と成城石井で購入したピノ・ノワール6本

たまには頑張った自分へのご褒美に、いつもより少しだけ高級なワインで一日の疲れを癒やしたい。そんな気分にぴったりなのが、品ぞろえの充実した高級スーパーのワインだ。その中から、食事との相性がよく、かつ飲み切りサイズで値段も手ごろなピノ・ノワールのハーフボトルを選び、ランキングした。

ピノ・ノワールは「ワインにはまると最後はピノ・ノワールに行き着く」ともいわれるほど、多くの愛好家を魅了する赤ワイン。かの「ロマネ・コンティ」も品種はピノ・ノワール。最高級シャンパンの多くもピノ・ノワールが使われている。その特徴はグラスから発散する強烈で華やかな香りと、口に含んだときの酸味と果実味のバランス。重すぎない中庸なボディーと、ほのかに感じるダシのような旨味(うまみ)は食事とも合い、繊細な味わいを好む日本人向きでもある。

ただ、上手に育てるのが難しい品種ともいわれ、それが生産量や小売価格にも影響。また、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロなど他の人気赤ワイン品種と比べると酸味が強いため、ワインを飲み慣れていないと「酸っぱい」と感じることもある。

テイスティングでは辛口の評価も出てきた

今回評価した6本は都内の紀ノ国屋アントレと成城石井の店舗から3月下旬に購入。ワインの資格を持つ愛好家5人がブラインドテイスティングで評価し、5点満点で点数を付けた。以下、高得点順に紹介する。点数は5人の平均点。値段は税込み購入価格。

クロワ・サンジャック2016 ブルゴーニュ
1位 「クロワ・サンジャック2016 ブルゴーニュ」4.2点 成城石井 1933円

1、2位はハイレベルでの接戦だった。結果、1位は仏ブルゴーニュ産。「ピノ・ノワールといえばブルゴーニュ、ブルゴーニュといえばピノ・ノワール」といわれるほど、同地域は高級ピノ・ノワールの一大産地。ただ、生産者が多いだけに、値段の割には凡庸なワインも少なくない。

クロワ・サンジャックは果実の凝縮感が際立ち、5人全員が高く評価。シニアワインエキスパートで、薬剤師としての専門知識を生かしたワイン情報をブログで発信している鈴木明人さんは「ラズベリーやフランボワーズなどの香りが特徴的で、少し甘い香りを感じる。タンニン(渋味)も酸も柔らかいので、ピノ・ノワールをあまり飲んだことがない人でもおいしく飲めるのではないか」とコメント。さらに、合わせる料理として、家でも簡単に作れる、漬けマグロやケチャップ味のチキンライスを提案した。

ワインスクールの講師も務めるシニアソムリエの内田一樹さんは、「果実や花の香りがワイン全体を優しく包み込んでいるイメージ。仕事で疲れたときに飲むと、心地よく感じ、心身が癒やされるようなワイン」と印象を語った。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド