地方創生会議ファウンダー 小幡和輝

地方創生会議ファウンダー 小幡和輝

無事にOKをもらったわけですが、ここからが大変。500人を集めるためにはものすごい労力が必要です。毎日、駅前に立ってチケットを手売りしました。なんとか無事に500人を集め、収入を得ることができ、ようやく事業と呼べる第一歩がスタートした瞬間です。

それから変化が起きました。これまでまったく相手にされなかったのに、仕事の依頼がどんどん来るようになったんです。「小幡くん、こんな企画やるから手伝ってほしい」「これにアドバイスもらえないかな?」何でも屋さんみたいな感じですが、堀江さんを呼んで500人を集めた高校生というのは大変インパクトがあったようで、人を動かせる人には仕事が集まってくるということを学びました。特に地方は若者の力を求めているし、実は重宝されるポイントが多いんですよね。

■国の地域活性化伝道師に認定される

いまはこれを全国に広げたような仕事をしています。年に1回、和歌山県にある高野山で地方創生会議というサミットを開催しています。

47都道府県すべてから参加者が来ていて、知名度が高まったこともあり、最近では和歌山県以外のところからもいろんなお声かけがもらえるようになりました。内閣府から地域活性化伝道師という肩書もいただき、全国各地の地域を盛り上げるお手伝いをしています。

地方を盛り上げるためには地方でチャレンジする起業家が増えなければなりません。この記事もその一環ですが、そのためのお金が回るようにしたいので、地方で起業する人に向けた投資ファンドも作りました。

いま最大で1億円投資できる状態なので、この記事を読んで実際に起業したいと思ったらぜひ声をかけてください。

■社会人起業よりもリスク低い学生起業

学生のうちに起業するのはハードルが高いけれど、将来的には起業したいと思っている人は、意外と多いのではないでしょうか。そんな人こそ、学生のうちに起業してほしいと考えています。もちろん、起業してもすぐにお金にはなりません。そんな天才ばかりじゃない。だから助走期間が必要だと考えます。

社会人になってから仕事を辞めて起業するというのは、極めてリスクが高いです。しかし、学生起業であればアルバイトやサークルに使うはずだった時間を使って起業すればいいだけ。うまくいかなければ就職したらいいんです。就職するにしても、起業したけど失敗してしまったというチャレンジ精神を評価してくれる企業は多いでしょう。ほら、メリットしかないんです。

将来的に少しでも起業を考えているのであれば、ぜひ学生時代に起業にチャレンジしてほしい。大変ですが、やっぱり楽しいですよ。待ってます。

2回目以降の記事では、実際のロールモデルを紹介していきます。

小幡和輝(おばた・かずき)氏
1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験、その後高校3年生で起業。47都道府県すべてから参加者が集う、「地方創生会議in高野山」を主催。1億円規模の地方創生ファンドを設立し、地方でチャレンジする人を応援している。最年少で内閣府より地域活性化伝道師の認定を受けるなど、活動は多岐にわたる。
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束