「お得な買い物」つられて赤字 スマホ決済どう見直す家計再生コンサルタント 横山光昭

そのため、紐付けるクレジットカードを分散せず、それぞれの名義でなるべく1枚に集約することにしました。そのカードの利用記録を見ると、支出の状況が分かります。利用するクレジットカードによっては、家計簿アプリに自動で記録ができます。チャージして使うLINE Payカードは単独で管理することにしました。

食費、被服費、交際費を大幅にカット

Gさん夫婦には、今までの支出額に戻すことを意識してもらいました。買い物をしたいと思っても、「ポイント還元がなくても買うものか」「今すぐに買う必要があるものか」と改めて自問することで、我慢できるようになりました。

食費は、コンビニにおけるおやつや飲料などの購入を見直し、お得だからと高めの食材であっても買っていたのをやめたところ、支出が大きく減りました。被服費や交際費も同様に見直し、支出を減らすことができました。これらで7万円近く減ったばかりか、娯楽費なども抑えることができ、改善前に比べ月8万円ほど削減できました。

相談に来られたときは、「お得な買い物を意識しているのですが、何がいけないのでしょうか」といわんばかりでしたが、夫婦ともに自分たちの使い過ぎとそれが習慣化してしまっていたことを実感されたようです。

今、スマホ決済サービスはどんどん増えています。19年10月の消費増税時にはキャッシュレス決済でポイント還元するという話もあり、さらに普及していきそうです。

キャンペーンに引かれ、自分のお財布の一つとして利用を始める人は多いのですが、現在の課題は、その支出を把握し、きちんと家計管理をしていくことだと考えています。便利さを享受できても、家計が赤字になっては、将来へ向けた資金づくりができなくなってしまいます。今はまだ1つにまとめて簡単に管理する機能が整っていませんから、工夫することが必要でしょう。

(「もうかる家計のつくり方」は隔週水曜更新です)

横山光昭
(株)マイエフピー代表、mirai talk株式会社取締役共同代表。顧客が「現在も未来も豊かな生活を送ることができる」ことを一番の目標に、独自の家計再生・貯金プログラムを用いた個別の指導で、これまで1万件以上の赤字家計を再生。著書は累計100万部を超える『年収200万円からの貯金生活宣言』シリーズ、累計65万部の『はじめての人のための3000円投資生活』シリーズがあり、著作合計88冊、累計270万部となる。講演も多数。

あぶない家計簿 (日経プレミアシリーズ)

著者 : 横山 光昭
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 918円 (税込み)

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし