「お得な買い物」つられて赤字 スマホ決済どう見直す家計再生コンサルタント 横山光昭

お得感に引かれ、「Origami Pay」「楽天ペイ」などもクレジットカードと紐付けて利用しています。コンビニの無料・割引クーポンがもらえたり、ファストフードで安く購入できる期間があるなど、お得であることを訴えてきます。楽天ペイは、楽天カードと紐付けてポイントをたくさん得られることが魅力だそうです。

紐付けるクレカをなるべく集約

しばらく話を聞いていると、「同じ買い物をするのなら、ポイント還元やキャッシュバック、割引がある方がお得ですから」と無計画に使ってしまい、支出の把握がきちんとできていないように思われました。

そこで、具体的な支出の状況を聞き取り、支出の総額を出してみました。食費、被服費、交際費を中心に、支出が以前よりも膨らんでいることが分かりました。キャンペーンやポイント還元につられ、たくさんもらえるうちに買おう、使おうとしたことが原因のようです。

LINE Payは残高が少なくなると不安になるので、すぐチャージ。決済するとポイントが付くからと気軽に決済し、コンビニで利用していたといいます。無計画にチャージしては支払いに使うということを繰り返していれば、支出が多くなるのは無理もありません。

そうはいっても、スマホ決済を利用しないということは、Gさん夫妻にとっては既に考えにくいことでした。そこで、どうすれば上手に管理ができるかを探っていくことにしました。まずは支出のペースを以前の状態に戻し、できればさらにメリハリのある支出を目指すことにしました。

あれこれ策を考えましたが、複数のスマホ決済の支出記録を紙にまとめることは作業が増え、長続きしないと思われます。今のところ、家計簿アプリはこれらすべての支出を自動記録する機能は持ち合わせていません。手入力では継続が難しいと思われます。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし