佐々木希 マルチに使えるキッチンペーパー手放せない

料理上手でキッチングッズにもこだわりを見せる佐々木希さん
料理上手でキッチングッズにもこだわりを見せる佐々木希さん

女優やモデルとしての活動のほか、近年はワンマイルウエア(家からちょっと外出するときに着るような服)のブランドを手がけるなどマルチに活躍する佐々木希さん。370万人のフォロワーを抱えるInstagramでは、「#希んちのごはん」としてしばしば手料理の写真をアップし人気を博している。そんな料理上手な姿はライフスタイル本「希んちの暮らし」でもかいま見える。佐々木さんが、改めてプロの手ほどきを受けながらレシピなどを紹介する内容で、併せてキッチングッズなどのこだわりアイテムも多数紹介。そこでも紹介している「コストコのキッチンペーパー」は、長年愛用している必需品だという。

マルチに活用するコストコのキッチンペーパー

何年も前ですが、たまたまコストコに行ったときに目につき、「試しに使ってみようかな」と軽い気持ちで買ったのが始まり。今では手放せないキッチングッズの1つです。キッチンをきれいに保っていたいので、炒め物をして油などが跳ねたりしたら、さっとこのキッチンペーパーで拭いてポイ(笑)。ミシン目が入っているサイズ感が大きすぎずにちょうどいいところも気に入ってます。

程よく厚みもあるので、料理の下ごしらえにも活躍します。白和えを作るときの豆腐の水切りをするとき、薄すぎると水を吸いきれなかったり破れたりすることがありますが、このペーパーは厚さがちょうどいいんです。

コストコのキッチンペーパーは欠かせません

使うたびに、柄が違うところも楽しいなって。ちょっとした瞬間に和めるというか。IKEAのジップバッグも控えめにかわいい柄が入っているところが好きなんですが、どうせ使うものなら、気分がちょっと上がるほうを選びたいじゃないですか。

料理は幼いころからしていたので、それなりにはできていたと思うんですが、ちゃんと身につけられたのは20代後半からですね。それ以前は、ただがむしゃらに目の前の仕事をこなすことで精一杯。暮らしに気を配る余裕はありませんでした。

丁寧な暮らしを心がけています

ただ、24、25歳に仕事に対する姿勢というか、スタンスがガラッと変わったんです。「今自分にできることはなんだろう」とちゃんと考えるようになったというか。「今はこれに全力を注ごう」と1つずつ丁寧に向き合うようになりました。

気持ちの変化とともに、「暮らしもきちんとしたい」「もっと生活を楽しみたい」と思うようになりました。というのも、家が散らかっていると、その乱れが仕事にも影響するように思えたからなんです。ちょうどそんなころ、女性誌「With」で「#希んちの暮らし」という連載をやらせていただくことになりました。料理はずっと作ってきたけど、プロの方から学ぶ機会を得たことは本当によかったですね。「このやり方って合ってますか?」と確認しながら知識を深められたので、人に自信を持って伝えられるようになりました。自分にとって最高の企画でしたね(笑)。

MONO TRENDY連載記事一覧