グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

週末は家めしクッキング

週末レシピ ワタまでおいしく、旬のソラマメ徹底活用

2019/4/4

香ばしい「ソラマメのニンニクしょうゆ漬け」

一晩以上置いた方がソラマメに味がしみこみよりおいしくなります。お好みで紹興酒を少量加えるとより大人の味になります。この季節はお花見の酒のつまみとして持って行けば、お酒好きの方たちに大人気となること間違いなしです。

次は少しだけ手間を加えた「ソラマメとエビの塩いため」をご紹介致します。

「ソラマメとエビの塩いため」の材料
<材料:2人分>
ソラマメ(生) 100グラム / 無頭エビ 12尾 / サラダ油 少々 / 顆粒(かりゅう)鶏がらスープ 小さじ1/2 / 塩 少々 / コショウ 少々
<作り方>
(1)ソラマメのお歯黒を取る(皮はついたまま)
(2)エビの尾を残して殻をむき、背ワタを取る
(3)フライパンにサラダ油少々を温め、ソラマメ、エビの順に加えていためる
(4)鶏ガラスープ、塩、こしょうで味を調える
彩り鮮やかな「ソラマメとエビの塩いため」

材料も作り方もシンプルですが、ソラマメの緑色とエビの赤色の色合いが美しく、食卓に映え、食欲をそそります。ソラマメはゆでずに生のままで油でいためるので、皮が香ばしく、ギュッとしまった食感を楽しめます。

お酒のつまみにもちろんですが、ご飯のおかずとしてもお薦めの一品です。こちらもお花見弁当のおかずの一つに加えても、見栄えが良いので大活躍するでしょう。

では次は本当に簡単な「焼きソラマメ」をご紹介。

「焼きソラマメ」

<作り方>
(1)ソラマメをサヤごと水洗いし、少し水分がついている状態で魚焼きグリル、またはオーブントースターに入れる
(2)8~10分程度、サヤに焦げ目が付くまで加熱する

調理はこれだけ!です。

サヤを丸ごと焼くことで中に包まれているマメが蒸されながら熱が入っていくため、甘みが増してホクホクな仕上がりになります。マメのうま味も増します。

焼いたサヤは捨てずに、内側の白いワタも食べられるのでぜひ味わってみましょう。スプーンでこそげ落としながらそのまま食べてみると、ぬるっとした面白い食感を楽しむことができます。

焼かないで、ソラマメを取り出した後の生のサヤを使う場合は、次のように調理してみてください。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL