くらし&ハウス

モノ・フラッシュ

男性の購入者も増加中 韓国の美容家電、女優が体験 奈津子の家電選び後輩目線

2019/4/15

私が自宅で愛用しているパナソニックの「目もとエステ EH-SW56」と比べると、水タンクが圧倒的に大きい点と、温感だけでなく約18度の冷感にも対応している点が違います。やはり疲れ目への悩みは日韓共通なのですね。

目のまわりをケアするというAURAIの「Eye Massager」。想像以上にたっぷりのミストで目元が包まれるため、とても気持ちいいです

■女性はまとめ買い、男性は悩みに合わせて

THE HYUNDAIに続き、同じくソウル市内にある韓国最大の家電量販チェーン「ロッテ ハイマート(Hi-mart at Lotte World Tower)」も訪問しました。

前述したLEDマスクと同じくLGエレクトロニクスの「Pra.L」シリーズを体験。洗顔ブラシ、美容液の導入、ハリのアップができる美容家電をラインアップしています。女性客は3本まとめて一気に購入していくことが多いのに対して、男性客はまずは気になる悩みを絞り、単品で購入していくことが多いのだそうです。

続いて訪れたのは「ロッテ ハイマート(Hi-mart at Lotte World Tower)」。ハイマートは韓国最大の家電量販チェーンです
右側から順に洗顔ブラシ、美容液の導入、ハリのアップができる製品です。店員さんが美容液でデモンストレーションをしてくれました

この店で感じたのは美容家電に加えて、製品そのものが突出した高いデザイン性を持つ家電が多かったこと。

個人的にとても興味深かったのが金庫、ドライヤー、冷蔵庫などのデザインの自由さです。LUCELLの電子金庫にはクリムトの絵があしらわれていましたが、韓国ではクリムトの絵画がとても人気なのだと通訳の方が教えてくれました。金庫としての用途だけでなく絵の鑑賞もできるなんて実にユニークですね。日本円で約16万1000円だそうです。

スタイリッシュなデザインが特徴的なネスカフェの1杯抽出型コーヒーメーカー「ドルチェグスト」シリーズで、日本では販売されていない「MOVENZA」というモデルも並んでいました。抽出口のフォルムといい、まるで宇宙船のようなデザインだと思いました。

LGエレクトロニクスのフラッグシップブランド「LG SIGNATURE」シリーズの冷蔵庫も2019年1月に登場しましたが、韓国に来て驚くのがその大きさと、大型ディスプレー搭載モデルをラインアップしていることです。タッチパネル形式のディスプレーを搭載し、買い物をしたり、指で文字を書いて伝言板として使ったりと、さまざまな利用法があるとのこと。ただし価格は日本円で約80万円と相当なお値段でした。

写真上からクリムトの絵があしらわれたLUCELLの電子金庫、「ドルチェグスト」シリーズで日本未販の「MOVENZA」、大型ディスプレー搭載の冷蔵庫「LG SIGNATURE」。どれもデザインへのこだわりを感じました

最後は少し脱線しましたが、日本とは違うデザイン性を持つ家電を見ることで、韓国の人々に根付いている「美意識」に触れることができたようにも感じました。

■美容は自己投資

日本でも男性のスキンケアへの意識が少しずつ高まっているということは、以前の記事(「男の『顔のたるみ』防げ 女優お薦めフェースケア家電」)でもお伝えした通りです。

「自己投資」という観点で考えてみると、男性にとっても美容にお金をかけることは高い買い物ではないと私は考えています。ぜひ日本でも広がりつつある美容家電売り場に足を運んでみませんか。

奈津子
女優・タレント。家電製品総合アドバイザー ゴールドグレード(AV情報家電)。元SDN48。特技は茶道、日舞、家電。TOKYO FM「Skyrocket Company」の「家電で快適! 生活向上委員会」コーナー(毎週火曜午後6時ごろ~)にレギュラー出演中。インスタグラムのアカウント名は「natsuko_kaden」

(編集協力 安蔵靖志)

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL