株主優待で特産品もらうなら 桐谷さんが選ぶ10銘柄

日経マネー

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF
日経マネー

どうも、桐谷です。特産品の株主優待は受け取るのも楽しみですね。各地の特産品をもらえる優待からベスト10を選びました。

1位はオリックス(東1・8591)。全国各地の特産品カタログから1品を選ぶ優待です。利回りがよく配当だけでも5%近く。3年以上保有でグレードアップする上、全国各地の品から選べるということで1位に挙げました。

2位の大和証券グループ本社(東1・8601)は1000株以上保有ですが、こちらも利回りがよく、いろんな地域の名産品をカタログから選べます。

注:2019年3月4日時点。売買単位は全て100株。同内容の優待が年2回ある場合は1回分を記載

3位はラックランド(東1・9612)。宮城県の水産物が中心で、6つの地域から好きなセットを1つを選べます。私はいつも魚やタラコのセットをもらっていますね。こちらは珍しい年4回の優待で、最初に年1回の優待導入を発表した時は株価500円台だったものが、優待拡充で株価がどんどん上がって2000円を超える場面も。それでも利回りは6%超です。

4位はみちのく銀行(東1・8350)。同じ青森が地盤の青森銀行(東1・8342)が先行して地元特産品の優待を行い、いわば特産品優待の老舗。みちのく銀行も追随して始めましたが、こちらの方が利回りが高いので選びました。しかも品物の選択肢が440品もあり幅広い。ただ6カ月以上保有という条件があります。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし