WOMAN SMART

グルメ・トラベル

沖縄・宮古に新空港 利便性高いリゾートアイランドに

2019/3/29

「みやこ下地島空港」。空港からの観光の足は、宮古島とつなぐエアポートバスのほかにレンタカー会社が3社ある

今、リゾート地として注目を集めている沖縄の南西に浮かぶ宮古諸島。ここに2つ目の空港が2019年3月30日に開業します。格安航空会社(LCC)も就航。新空港の誕生を受けて島は活気みなぎる場所へと変貌を遂げつつあります。ホテルはカジュアルタイプから最高級リゾートホテルまでが続々誕生。産業も観光も急ピッチで整っていく宮古島は、今まさに注目のリゾートアイランドです。

■誰でも利用できるオープンエアスタイルの空港

3月30日、沖縄本島から約290キロメートル南西に浮かぶ宮古諸島のひとつ、下地島に国際空港「みやこ下地島空港」が開業します。下地島は、宮古ブルーと呼ばれる透き通った青さの大海原にかかる伊良部大橋を渡った先の島。同大橋は自動車のCMなどの撮影にも使われているといえば、ぴんとくる人も多いのではないでしょうか。

宮古島から伊良部、下地島へ渡る伊良部大橋。全長3540メートルもある

みやこ下地島空港は、従来の空港とは違う魅力があります。青い空、太陽の日差しや風も感じられるオープンエアスタイルの複数の建物から構成され、チェックインから保安検査場、搭乗ゲートまですべて平屋の建物で、水辺や緑の中に点在しています。

「新空港のコンセプトは『空港から、リゾート、はじまる』。施設は風が抜けるオープンエアスタイルで、チェックイン棟にあるカフェやショップは誰でも利用できます。島の人の憩いの場や島の食文化の発信基地にしたいと思っています」と、空港を運営する下地島エアポートマネジメントの伴野賢太郎社長。その言葉通り、空港というよりは、「ふらりと出かけてのんびり過ごす広場」のような雰囲気なのです。

国際国内線共用待合室(写真提供:三菱地所)
国内線搭乗口(写真提供:三菱地所)
チェックインロビー(写真提供:三菱地所)

チェックイン棟とラウンジ棟にある飲食施設で、地元食材を使用したオリジナルメニューが楽しめるのも空港のこだわりのひとつ。「カツオのなまり節や海ぶどう、宮古牛など地元の名産品を、手軽に食べられるサンドイッチや宮古そばなどで提供します」と話すのは、飲食施設を運営する沖縄UDSの担当者。生産者の名前が付いたサンドイッチなどがあり、地元の食に触れる最初の一歩にもなりそう。

「友利さんのカツオなまり節&海ぶどう」(800円、左)、宮古そば(850円、中)、「20種類の野菜と宮古マンゴーカレー」(1000円)(写真提供:沖縄UDS)

また、空港の北側は航空ファンの間で人気スポットの「17エンド」、西側にはシュノーケリングスポットの中の島海岸があり、空港を中心に見どころが満載なのも魅力。

北を0度とすると、滑走路が170度の方角にあり、飛行機は170度の方向から着陸することから「17エンド」と呼ばれる絶景ポイント。空港開業後は車両通行止めになるため、車では入れなくなる
中の島海岸はダイビング、シュノーケリングスポットとして知られる

空港には、3月30日からLCCのジェットスター・ジャパンが成田路線を1日1便就航、7月3日からジェットスター・ジャパンの大阪路線、そして7月19日から香港エクスプレスが就航予定。

最初の定期便となるジェットスター・ジャパンの片岡優社長は、「純粋なリゾート路線としては当社初。発表後に大きな反響があり、成田便は販売開始1週間で3000席を、大阪便も発売後2日で3000席を販売しました」。予想以上の反響に驚いている様子でした。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
転職願望あり過ぎ問題、本当に今動く? 最適な時期
日経ARIA
“ホルモン”のナヲ 閉経後の女性ホルモンは男性以下
日経DUAL
「一生働くキャリア」はこう作る!共働き親の時間術
日経doors
中田敦彦 成功者をまねてみると「自分軸」が見つか
ALL CHANNEL