グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

野菜がたっぷりのスリランカカレー 東京・四谷三丁目

2019/4/1

「バンダラ ランカ」のランチビュッフェのスリランカカレー

2018年10月7日に開店したスリランカ料理とセイロンティーの店「BANDARA LANKA(バンダラ ランカ)」は、カレーマニアの注目を集める人気上昇中の新店だ。東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅とJR総武線信濃町駅のちょうど中間、新宿御苑とほど近い閑静な住宅街に突如として現れるアートの複合施設「The Artcomplex Center of Tokyo(アートコンプレックス・センター)」の1階に、まさかのスリランカワールドが広がっている。

Summary
1.静かな住宅街に突如現れるアート空間で、スリランカカレーに舌鼓
2.ゆったりランチにふさわしい、種類豊富なビュッフェスタイル
3.スリランカ出身の店主が母国の食文化を伝える

店主はスリランカ中央部高地の都市キャンディ出身のL.K.M.J.バンダラさん。学生時代にホテルサービスを学ぶため来日。専門学校を卒業後は「ザ・リッツ・カールトン東京」など都内の有名ホテルで経験を積んだ。ホテルマンとして活躍しながら、来日当初からの思いであった「自分のレストランを持ちたい」という夢に向かって準備を重ねていた。

物件を探すこと約2年。ここ「アートコンプレックス・センター」の1階に、理想の空間との出合いを果たし、念願の自身の店を開くことになったのだ。

エントランスから入るとすぐにオープンキッチン&カウンター席があり、左へ進むと木造りの落ち着いたダイニングルーム、右へ進むと中庭が広がる。

木をふんだんに使ったダイニングルームは吹き抜けで天井が高く、中2階にも客席があり隠れ家的な雰囲気が漂っている。

立派な梁(はり)や丸太はビルのオーナーが思いを込めて設置したものだそう。

中庭は解放感にあふれ、都心とは思えないほど静か。緑の植栽が風に揺れ、ひそかに名物となっているニシキゴイが巨大水槽を悠々と泳ぐ。こちらには6テーブル・16席ほどが並び、暖かい日の食事にもってこいだ。

「バンダラ ランカ」では、ランチタイムのみ、カレーをはじめ種類豊かなスリランカ料理をビュッフェスタイルでいただける。

様々なスリランカ料理をビュッフェスタイルで選ぶ

日によって種類や品数は変わるが、ライスは2種類、カレーやスパイス料理は合わせて13~15品ほどを用意。さらに、食後にはひと口サイズのデザートを2種と紅茶がサーブされる。

「お肉を使う料理は1種類だけで、ほとんどが野菜だけなのです」と、店主のバンダラさん。少しずつ盛り付けると、栄養バランスも良く、健康的なランチになる。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL