あなた誰? 電子顕微鏡で撮った不思議な生物の肖像

日経ナショナル ジオグラフィック社

2019/4/10
ナショナルジオグラフィック日本版

ミールワームの顔。「目」のようなものと口器がついている(HOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

虫や幼虫が苦手という人は多いだろう。しかし、電子顕微鏡で何百倍に拡大した姿は、意外にも繊細かつ個性も豊かだ。写真家のヤンニケ・ヴィーク=ニールセン氏のテーマは、「隠された世界(Hidden World)」。彼女が撮影した、昆虫、寄生虫、バクテリアなど小さな生物たちの「ポートレート」を紹介したい。

◇  ◇  ◇

ヴィーク=ニールセン氏は、光ではなく電子を使って高解像度の写真を撮っている。「電子は光よりも波長がずっと短いため、通常の光学顕微鏡よりもはるかに高い解像度が得られます」と彼女は言う。

別方向に伸びた触角、大きく開けた口など、拡大して見たハナアブは実に表情豊かだ(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

走査型電子顕微鏡では、集束した電子ビームが標本の表面をスキャンすることで、高解像度のグレースケール画像をとらえる。電子ビームはホコリや水に影響を受けやすいため、スキャンはほぼ真空の容器の中で行われる。

ヴィーク=ニールセン氏は、標本を採取した後、構造を保持するための溶液にこれを浸す。次に標本を完全に乾かしてから、薄い金属の膜で包む。これによって撮影の間、標本が傷つきにくくなる。出来上がった画像はフォトショップで彩色している。

ハナアブの複眼。ところどころに散らばっているのは花粉だ(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

写真の目的によって、肉眼で見える色を再現する場合もあれば、芸術的な表現をすることもあれば、白黒のままにしておくこともある。

ナショジオメルマガ