旅行・レジャー

生物(ナショジオ)

あなた誰? 電子顕微鏡で撮った不思議な生物の肖像

日経ナショナル ジオグラフィック社

2019/4/10

ヒドロ虫の一種Echtopleura larynx。ヒドロ虫はサンゴ、イソギンチャク、クラゲと同じ刺胞動物(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

ヴィーク=ニールセン氏が電子顕微鏡を使った撮影に取り組むようになったのは6年前のこと。ノルウェー獣医学会のリサーチ科学者である彼女は当時、菌に汚染された魚卵や、養殖サケのエラの病気を引き起こすアメーバについて研究していた。

氏が撮影したアメーバの写真に注目したのが、水産養殖家や関連の生物学者たちだった。「彼らは、自分が闘う相手である寄生虫の真の姿を、ようやく実際に目で見ることができたのです」。ヴィーク=ニールセン氏は、生物を最大20万倍に拡大できる顕微鏡の能力に魅了された。

触手を使って外部の脅威から生殖器官を守るヒドロ虫(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

彼女のお気に入りの被写体は寄生虫だ。寄生虫は気味が悪いと感じる人が多いが、電子顕微鏡で拡大したサナダムシや回虫の姿には驚かされるだろうと、ヴィーク=ニールセン氏は言う。出来上がった写真には、彼らの体の特徴が隅々まで写し出されている。

研究のための標本のほかにも、ヴィーク=ニールセン氏は、自宅の庭や、小さな娘2人と一緒に外出したときに見つけた虫の撮影も行っている。「潮だまりで甲殻類を見つけ、植物や木からは花粉を見つけます。想像が果てしなく膨らみます」

サナダムシは人間や動物の腸にすむ寄生虫。消化管は持たず、宿主が消化した食物から養分を吸収する(PHOTOGRAPH BY JANNICKE WIIK-NIELSEN)

次ページでは、ヴィーク=ニールセン氏の写真12点を紹介しよう。これまで嫌いな部類に入っていた生物たちへの見方が変わるかもしれない。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL