マネーコラム

Money&Investment

スマホを紛失したら… 回線停止以外にやるべきこと

2019/3/23

様々な決済アプリが登場し、スマートフォン(スマホ)さえあれば買い物に不自由しない時代。便利になった一方で、スマホを紛失すれば不正利用に遭うリスクも高まった。普段からどのようにスマホを管理しておくべきか。

■アプリにもロック

スマホで買い物ができるサービスは「スイカ」「楽天エディ」などのICチップを使う電子マネーから、「オリガミ」「ペイペイ」といったQRコードなどを使う決済アプリまで多様化していて、スマホ紛失時の不正利用リスクも無視できないものになった。

不正利用を防ぐには、事前の備えと紛失時の迅速な対応がカギだ(図A)。基本的な対策として「ロック機能は必ず設定してほしい」(NTTドコモ)。暗証番号や指紋・顔などによる認証を設定することで、紛失しても他人は容易に使えなくなる。最近はスマホ自体のロックに加え、決済アプリにもロックをかけられるのが一般的だ。

■ICチップの機能停止も

スマホを紛失すると携帯電話回線を停止するだけでなく、電子マネーや決済アプリの運営会社、アプリに登録するクレジットカード会社にも連絡した方がいい。実は電子マネーや決済アプリは回線が止まっても利用できる例が多いからだ。

携帯電話会社には回線の停止だけでなく、電子マネーに使うICチップの機能停止も依頼しよう。さらに電子マネーや決済アプリを運営会社に停止してもらえれば、入金した残高が後で戻る可能性も高まる。

マネーコラム 新着記事

ALL CHANNEL